かなずみ歯科 医院HP

兵庫県神戸市垂水区清水が丘3-6-12
かなずみ歯科
院長 : 金住 善次
院長 : 金住 善次
歯科治療は患者様にとってなかなか納得できないものだと思います。私は院長としてでき得る限り個々の患者様により適した、より良い歯科診療を、充実の知識と技術でお応えしたいと常日頃考えております。ただ症状に適した治療をご提案するだけでなく、患者様のQOL(生活の質)の向上も視野にいれた治療計画を立てていきます。
住所 655-0031
兵庫県神戸市垂水区清水が丘3-6-12

地図 地図を見る
電話番号 078-785-4648
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 平日 9:00〜20:00
土曜 9:00〜13:00
休診日 土曜(午後)・日曜・祝日
アクセス JR神戸線 『舞子駅』 より市バス・山陽バス52・53・54系統 『西岡橋』 下車すぐ
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム 無料相談
完全予約制 セカンドオピニオン 駅徒歩5分以内 症例画像あり
静脈鎮静麻酔 マイクロスコープ 院内技工(ラボ)併設 治療歴10年以上
費用ページあり インプラント10年保証  
かなずみ歯科のアクセス
かなずみ歯科のアクセスマップ
かなずみ歯科の院内紹介

ご来院されましたら、まずは受付へ起こしください。スタッフが丁寧に笑顔で対応いたします。当院では治療を計画的に進め、皆様を不必要にお待たせしないようにするためにも「予約診療制」を採用しております。駐車場を完備しておりますので、お車でのご来院も歓迎いたします。


受付が済みましたら診療時間までこちらの待合室でお待ちください。健康に関する本を用意しておりますので、どうぞご自由にご覧ください。


窓から光が差し込む明るい診療室です。お一人お一人のスペースを十分とっておりますので、圧迫感なく診療をお受けいただけます。個々の患者様に適した歯科治療を行って参ります。スタッフも皆明るく、患者様の不安を取り除くよう心掛けております。


インプラントオペはデジタルレントゲン・生体情報モニター・医療用レーザーなどの医療機器を用いて行います。治療をスムーズに行えるよう、ドリルや必要な器具を順に手渡していくアシスタントと4人のチームプレイでオペを行います。


広めのスペースを確保したパウダールームです。診療前後のブラッシングやお化粧直しなどにご活用ください。患者様に気持ちよくお使いいただけるよう衛生管理に努めております。


CTスキャンを導入致しました。 CTスキャンを用いることで、顎骨の状態・神経・血管の位置を把握し、より詳細なインプラント治療を行うことができます。 今までは近くの総合病院にてCT撮影を行っていましたが、医院内にCTを導入したことにより、患者様への負担を少なくして治療を行えるようになりました。


超音波振動を利用して、骨を切断する機器です。切断部分の長さや深さをコントロールすることができるため、より安全で詳細な治療を行うことが可能になりました。骨を切断する際に、歯肉や血管などを傷つけないため、予後が良いといわれています。インプラント治療をはじめとして、様々な治療で応用できます。

かなずみ歯科の診療案内

インプラント治療のステップ

◆インプラントとは?

インプラントとは歯を失ったところの骨にチタンという金属を埋め入れ、人工歯根を作り、その上に人工の歯を入れる治療です。インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。インプラントは、噛む力や耐久性が天然の歯に近く、日々の歯磨きを通常より丁寧にするだけで、自然の歯と同じように使え、”第2の永久歯”といわれています。インプラントの場合、治療期間が掛かる、外科的な処置が必要であり、費用が掛かるという欠点があります。しかし、第2の自分の歯を再生させることができ、神田感触も戻り、違和感なくしっかり噛むことができます。義歯を使用すると、1年で約1个旅が喪失しますが、インプラントは1年で約0.1个靴骨が喪失しません。インプラントは骨や歯肉を守ります。

ステップ1 診査診断と治療計画
模型やレントゲンなどによる十分な診査診断を行い、治療計画についての説明を受けます。
ステップ2 インプラント手術
チタン製の小さいネジのような形状のインプラントを、局部麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。埋め入れ手術の処置時間は、約30〜120分です。
ステップ3 インプラントと骨がつくのを待つ
インプラントと骨がしっかりとくっつくまで、約6〜24週間待ちます。
(骨の状態など様々な条件により異なる。)
ステップ4 歯の装着
インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上に被せます。

かなずみ歯科のインプラント治療

当院では院内感染の予防に細やかに配慮しております。手術時には血圧、心電図、脈拍のモニタを装し、患者様の全身状態を常に把握しながら対応しております。万が一の救急救命処置にも対応できます。

患者様もこのようにお口以外は滅菌シーツで覆ってオペを行います。

消毒域内でのオペの準備。清潔な所でオペが行えるよう、可能な所はすべて滅菌シーツで覆っています。

ひとりの患者様にドクターと2人のアシスタントが付き、常に誰かが患者様の状態を見ています。

通常の局所麻酔法の他に、過敏症の患者様には静脈内鎮静法によって、できる限り少ない痛みで手術を受けていただくこともできます。

治療をスムーズに行えるよう、ドリルや必要な器具を順に手渡していくアシスタントと4人のチームプレイでオペを行います。

インプラント症例1.入れ歯+インプラント

う蝕(虫歯)と歯周病が進行した結果、長年部分入れ歯をしていた患者様です。上顎部の歯がぐらついてきたため、抜歯をする必要があります。入れ歯とインプラントを組み合わせた処置により、噛み合わせや見た目が改善されました。

治療前

入れ歯+インプラント(治療前)

治療中

入れ歯+インプラント(治療中)

治療後

入れ歯+インプラント(治療後)

※治療結果は患者様によって個人差があります。

インプラント症例2.全顎インプラント

咬合病(噛み合わせの異常)で来院され、奥歯を抜歯した後にインプラントを埋め入れました。
全顎をフルマウスの義歯にされ、快適に食事を行えるようになりました。

治療前

全顎インプラント(治療前)

治療後

全顎インプラント(治療後)

※治療結果は患者様によって個人差があります。

インプラント症例3.重度の咬合病

重度の咬合病(噛み合わせの異常)により上の奥歯はほとんどない状態で、硬いものが食べられないことが1番のお悩みでした。上下ともにインプラント処置を行い、今では発音障害も改善され、しっかりと噛めるようになりました。

治療前

重度の咬合病(治療前)

治療後

重度の咬合病(治療後)

※治療結果は患者様によって個人差があります。

ページの先頭へ戻る

かなずみ歯科のスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 金住 善次

院長 : 金住 善次

当院は、難しい症例や他院で治療したが噛みにくい・痛みが引かないなどの患者様の治療を得意としております。噛み合わせを得意とする当院長が皆様の疑問、お困りになっていることや気になることなどのご相談にお応え致します。どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

院長経歴
  朝日大学歯学部卒業後、上田歯科勤務
1995年4月 かなずみ歯科 開業

所属学会・資格など

  • 歯科医師臨床研修医 指導医認定
  • 日本歯周病学会会員
  • 日本歯科放射線学会 歯科エックス線優良医

>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!