江本歯科 医院HP

東京都世田谷区桜3-7-20 アルテミス世田谷2階
江本歯科
院長 : 江本 正
院長 : 江本 正
近年インプラント治療をはじめ歯科治療技術はめざましく発展し、治療の達成度(質)を見ても、従来では不可能と考えられていたものまで実現可能となってきたといわれております。反面、1人の患者様の治療を計画する場合、幾通りかの方法が考えられる場合もあります。患者様のニーズも多様化していく中で、その方に合った治療法を模索しております。
相談室ボランティアドクター >>相談室への回答一覧はこちら
ガイドデントのインプラント10年保証対応医院
住所 156-0053
東京都世田谷区桜3-7-20 アルテミス世田谷2階

地図 地図を見る
電話番号 03-3428-3833
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 03-3428-3594
診療時間 月・火・水・金 9:00〜13:00 / 14:30〜18:00
土曜 9:00〜13:00 / 14:30〜17:00
休診日 木曜・日曜・祝日
アクセス 東急世田谷線上町駅 徒歩10分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
江本歯科のアクセス
お車でお越しの方は、“タイムズオークラランド”(有料)をご利用ください。
サミットストアー、オークラゴルフなど、オークラランド内施設利用で割引がございます。


江本歯科の院内紹介

東急世田谷線・上町駅より歩いて10分。世田谷通りオークラランド前に当院がございます。オークララント゛バス停で降りて目の前です。
自家用車利用の方は、オークラランド駐車場(有料・サミット利用にて割引あり)利用が便利です。


来院された皆様を明るくお迎えいたします。
気さくなスタッフばかりなので、どのようなことでもお気軽にお声掛けください。


グレーを基調としたシックな色彩でまとめた、広々とした待合室です。
できる限り患者様をお待たせしないように心掛けております。
くつろいでお過ごしいただけるよう、歯医者さんが楽しくなるようなオブジェや絵画をレイアウトしております。また雑誌類もご用意しております。


明るく広々とした診療室です。大きな窓から自然光が差し込み、のびのびと診療をお受けいただけます。
患者様に治療が行き届くように3つの診療ユニットで診療を行っております。 全ての診療ユニットにはモニター画面を設置しておりますので、レントゲン画像はもちろん、パソコンと連動して口腔内写真などをご覧いただきながら、詳しい症状を患者様にご説明しております。治療に関してご不明な事などありましたら、お気軽にご相談ください。通常の診療中は映画や癒しの画像をご覧いただけます。


レーザー治療は、メスなどによる切開とは異なり出血が少なく処置できます。また、術中術後の痛みを大幅に軽減することができます


当院ではオールセラミック修復物を設計するマシンを使用しております。この装置は、3D光学カメラで撮影した歯型のデータをコンピュータ上に取り込み、そのデータをもとにセラミックブロックを削って修復物を作成するシステムです。従来のように型を取る手間が掛からず、治療のストレスを軽減することができます。
インプラント治療では、上部構造の作成に使用します。


高濃度の過酸化水素を「光」で活性化し、エナメル質内の着色物質を分解するホワイトニングマシンです。
ハロゲンランプによる光で、発熱を抑えて薬剤を活性化するため、安全なホワイトニ ングが可能です。


<PRP(多血小板血漿)精製器> 患者様本人から採取した血液を遠心分離しPRP(血小板の一番濃いところを取り出したもの)を抽出して、手術に利用します。
インプラント手術や外科処置の際に使用することにより、回復を早めることが可能です。

江本歯科の診療案内

江本歯科が考える インプラントとは?

歯科用インプラントとは、むし歯などにより歯を失ってしまった場所に、天然歯根の代わりに人工歯根を埋める治療法のことです。
しっかりと骨組織に結合した人工歯根に単独で修復物を固定するので、歯があった時と同じような感覚でかめる状態にできる治療法です。
従来のブリッジによる修復では、隣接する健康な歯牙を削って修復物を装着しなくてはいけなかったり、土台となる他の歯に負担がかかるために、歯根が破折したり歯槽膿漏が進行したりする危険性がありました。また、入れ歯を入れたときのような違和感もありません。
最近ではインプラント自体の材質的な進化に加えて、さまざまな手術法も開発され、今までは不可能とされてきた骨が少なくなってしまった場所にもインプラント治療を施すことが不可能でなくなってきました。
しかし、このようなメリットを持った治療法ですが、決して万能の治療法ではありません、他の治療法と同様大切なのはふだんのお口のお手入れと定期的な点検 です。口腔内の衛生状態が悪いとインプラントの寿命が短くなる場合もあります。担当医や衛生士の指導に従い、正しい手入れの方法を習得しお口の中を清潔に 保つことが大事です。

こんな人にインプラントはおすすめです

  1. まわりの歯を傷つけたくない人
  2. 入れ歯が合わなくて、食べ物がうまく噛めない人
  3. 入れ歯を入れているが、発音や発声がうまく出来ない人
  4. 入れ歯を使うと、違和感を感じたり気持ち悪くなる人

インプラント治療の流れ

STEP1 治療計画を立てる

インプラント治療を行うにあたっては、治療後の状態も見据えた治療計画を立てます。
十分なカウンセリングを基に、それぞれの患者様に適した治療方法をご提案させていただきます。インプラント治療のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明いたします。

STEP2 人工歯根を埋め込む

歯の根の代わりとなる人工歯根(「フィクスチャー」とも言います)を顎の骨に埋め込む手術を行ないます。埋め込むのに必要な骨の厚みが足りない場合は、骨の厚みを増やす補助手術も行います。

STEP3 人工歯根が骨と結合するのを待つ (3ヶ月〜6ヶ月)

埋め込んだ人工歯根が骨としっかり結合するまで治癒期間を設けます。
個人差はありますが、およそ3ヶ月〜6ヶ月の期間が必要となります。

STEP4 上部構造(歯の形となる部分)の設置

仮の上部構造を用いて人工歯根と骨との結合具合の確認と、最終的に取り付ける上部構造の調整を行います。
人工歯根がしっかり結合したことが確認されると、調整の済んだ上部構造を取り付けます。

STEP5 メインテナンス

一連のインプラント手術(STEP2〜4)が終わった後は、半年〜1年に1回ほどの定期的なメインテナンスを行っていきます。

手術が終わった時点で、すべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。ご自分の天然歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。

インプラント症例

CASE1 

治療前   治療後

歯牙が破折し、抜歯後骨が欠損してしまった部位に、骨を誘導する特殊な膜を設置し骨を造成した後にインプラントを埋入しました。 周りの歯牙と調和した形に修復することが出来ました。

※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

ページの先頭へ戻る

江本歯科のスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 江本 正

近年、審美歯科治療やインプラント治療をはじめ歯科治療技術はめざましく発展し、それにともない、治療の達成度(質)を見ても、従来では不可能と考えられていたものまで実現可能となってきております 。
反面、一人の患者様の、さらに1本の歯の欠損(歯がない状態)の治療を計画する場合、幾通りかの方法が考えられる場合もあります。
患者様のニーズも多様化していく中で、その人に合った治療法を模索しなくてはなりません。

お口の健康は、歯科医師、スタッフ(プロフェッショナルケア)と患者様(家庭でのセルフケア)の共同作業によりはじめて得られる貴重な財産です。
ご自分の本当の意味での健康を大切にしたい方を応援していきたいと考えています。

院長経歴
1983年 日本歯科大学歯学部卒業
1983年〜86年 日本歯科大学補綴学教室 助手として勤務
1986年〜88年 稲城大沢歯科医院勤務
1988年 江本歯科開設
1995年 医療法人社団誠穣会 江本歯科に組織変更

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!