中野歯科クリニック 医院HP

東京都台東区柳橋1-23-3 VORT浅草橋駅前4階
院長 : 中野 正博
院長 : 中野 正博
開業以来、各分野で患者様にご納得いただける技術を持ったスタッフたちとともに、患者様の10年、20年先を見据えた治療を提供して参りました。
健康な口元から、食べる楽しみ、話す楽しみ、素敵な笑顔、そして楽しい生活が生まれると考えております。当クリニックは、快適な治療と細やかな対応で、皆様の豊かな生活を応援しております。
ガイドデントのインプラント10年保証対応医院
住所 111-0052
東京都台東区柳橋1-23-3 VORT浅草橋駅前4階

地図 地図を見る
電話番号 03-3862-6480
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 03-3862-7075
診療時間 平日 9:30〜13:00 / 14:00〜18:30
土曜 9:30〜13:00
休診日 日曜・祝日
アクセス JR総武線浅草橋駅 徒歩3分
都営浅草線浅草橋駅 徒歩1分 
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム 無料相談
完全予約制 セカンドオピニオン 駅徒歩5分以内 症例画像あり
静脈鎮静麻酔 マイクロスコープ 院内技工(ラボ)併設 治療歴10年以上
費用ページあり インプラント10年保証  
中野歯科クリニックのアクセス
中野歯科クリニックの院内紹介

都営浅草線・浅草橋駅より徒歩1分、JR総武線・浅草橋駅からは徒歩3分。 江戸通りに面したビルに当クリニックがございます。
アクセスもよく、土曜日の診療も行なっておりますので、お仕事帰りやお買い物の合間にもご来院いただけます。


待合室には上品かつ洗練されていて、それでいて遊びごころのあるインテリアを選び、オシャレな空間を心掛けております。患者様が歯科医院に来ていることをあまり意識されることなく、くつろいでお待ちいただけるよう配慮しております。


ユニークで思わず楽しくなってしまうオーナメントなどを複数ディスプレイしております。
ご来院の際には、ぜひ院内に飾られているコレクションをお楽しみください。


診療室は落ち着きのある空間にしております。
床は全面フローリングにし、大きなガラス窓から自然光がふんだんに入るようにいたしました。
観葉植物を複数ご用意し、患者様が気持ちよく診療をお受けいただけるよう配慮いたしました。そのため開放的な広々とした空間にユニットを配置しております。 ごゆっくりとお座りいただき、どのようなことでもスタッフにお気軽にお声をお掛けくださいませ。
当クリニックでは全ての診療に際して衛生管理をしっかり行ない、患者様に快適な治療をお受けいただけるよう心掛けております。


患者様に、周りを気にすることなく治療に専念していただける環境として、個室診療室も完備しております。外科処置やインプラントの手術なども、こちらで行ないます。


当クリニックでは、顎運動解析装置と咬合器をコンピュータで相互利用することにより、生体に調和した「生理的な噛み合せの再現」ならびに「噛み合せの再構成」を行なう体制をとっております。

中野歯科クリニックの診療案内

インプラント治療について

失われた歯の場所に、歯根の代わりになる人工歯根(インプラント)を埋め込む治療法です。
インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも審美的にも天然歯に近く、最近はインプラント治療を受ける方が増えているといわれております
当クリニックでは、充実した設備と快適な治療を皆様にご提供いたします。

インプラント治療例

CASE1 インプラントにより入れ歯から解放

上下に義歯を入れて10年以上になりますが、入れ歯が合わなくなってきました。また、バネをかけている歯にも負担がかかってきました。上下に3本づつインプラントを入れることにより、わずらわしい入れ歯から開放されました。

治療前

噛み合わせがきつくなってきて、入れ歯が動いてあたるようになり、前歯も割れたり磨り減ってきてしまいました。また、バネも見えて審美的にも良くありません。

インプラント治療


上・下に3本づつインプラント治療をおこないました。

治療後

インプラントを使うことによって、入れ歯から開放されました。
また、前歯へのストレスがなくなったので、前歯もきれいに改善されました
お話する時や笑う時も、口元を気にする必要がありません。
上・下の噛み合せも、 全体的に良く当たっているので、快適に食事ができます


※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

CASE2 インプラントブリッジ

右上の前歯から奥歯までがインプラントのブリッジです。インプラント治療により、大きな入れ歯を入れずにすみました。歯並びも自然で審美的です。


ブリッジとは?

ブリッジとは、歯が無い部分の左右に橋を架けるイメージです。これは歯が無い部分が1〜2本程度の時に主に使われます。
例えば、歯が抜けた部分が一本の場合、3つくっついた歯の様なものを用意します。(この時は歯の根っこの部分がないものです。)そして、抜けた左右の自分の歯を凹凸の組み合わせの凸の様に削り、同様に凹の形に3つくっついた歯の両脇の裏側を削り、それぞれをくっつけるのです。それにより、歯が無い部分をあるようにみせる治療です。

CASE3 奥歯のインプラント

右下の奥歯がなく、小臼歯も状態が悪く、ブリッジには使えません。通常であれば、入れ歯になるケースですが、インプラント治療によりしっかりした噛み合わせを手に入れることができました。

(1)治療前

右下の大臼歯が2本ありません。
小臼歯も状態が悪く、ブリッジには使えません。
通常であれば、入れ歯になる症例です。

(2)インプラント埋め入れ

弱っている小臼歯を治療し、奥に2本インプラントを入れました。

(3)治療後

噛み合せもしっかりしていますし、審美的です。

(4)治療後5年目

インプラント治療後、5年目のレントゲン写真です。
インプラントはしっかり骨と結合し、機能しています。


※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

CASE4 骨移植・骨造成手術

インプラント(人工歯根)は顎の骨と結合されない限り、その上から装着する人工歯の支えとはなりません。つまり、インプラント治療を受けるためには、人工歯を支えられるだけの顎の骨が必要になるのです。
そのため、骨の足りない方には骨を再生する治療をで骨を作ってから、インプラント治療を行います。

上顎洞という空洞の中に、骨を作ってからインプラント治療を行った症例のX線写真です。

上顎洞という空洞の中に、骨を作ってからインプラント治療を行った症例のX線写真です。


※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

ページの先頭へ戻る

中野歯科クリニックのスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 中野 正博

開業以来、各分野で患者様にご納得いただける技術を持ったスタッフたちとともに、患者様の10年、20年先を見据えた治療を提供して参りました。
おかげさまで二十余年もの間、当クリニックをご利用されている患者様もたくさんいらっしゃいます。

健康な口元から、食べる楽しみ、話す楽しみ、素敵な笑顔、そして楽しい生活が生まれると考えております
一生涯のよきパートナーとして、当クリニックは皆様の健康をサポートさせていただけることが努めております。
当クリニックでは以下の治療方針を大切にして、快適な治療と、細やかなご対応で、皆様の豊かな生活を応援しております。

●おひとり、おひとりとのコミュニケーションを大切にいたします。

●日々進歩する新しいシステム・技術を導入し、快適な治療を皆様にご提供いたします。

●治療終了後も定期的なメインテナンスを行い、お口の中の健康をサポートいたします。

●健康な方々にも、予防を中心とした健康維持のお手伝いをいたします。

院長経歴
1956年 東京 神田生まれ
1968年 千代田区立番町小学校卒業
1971年 千代田区立麹町中学校卒業
1974年 東京都立日比谷高等学校卒業
1980年 東京歯科大学卒業
東京歯科大学補綴学第狭嶌惰局
1985年 東京歯科大学大学院歯学研究科(補綴【ほてつ】学専攻)卒業
現在 歯科医師3代目として東京都台東区にて開業
>> 詳しい内容はこちら

主な所属学会

  • 日本歯周病学会会員

その他

  • 日本赤十字社救急員資格取得
  • 東京シティー日本橋RC会員

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!