古屋歯科医院 医院HP

山梨県甲府市住吉4-6-3
古屋歯科医院
院長 : 古屋 延明
院長 : 古屋 延明
当院では、患者様と私ども歯科医師との信頼関係を第一に考え、インフォームド・コンセント(説明と同意)に基づいた『患者様本位の医療サービス』を心掛けております。また、常勤のインプラント歯科医師である私と非常勤のインプラント担当医による、常により良い治療を患者様にお受けいただけるチーム医療体制を整えております。今後も皆様に、ご納得いただける治療をご提供できますように、技術の向上に努めていきたいと思います。
セカンドオピニオンも随時受付しております。ぜひお気軽にご相談ください。
住所 400-0851
山梨県甲府市住吉4-6-3

地図 地図を見る
電話番号 055-232-7456
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 平日 9:00〜12:00 / 14:00〜18:00
土曜 9:00〜12:00
休診日 日曜・祝日・土曜午後
アクセス JR身延線南甲府駅 徒歩14分
JR各線甲府駅より車で10分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
古屋歯科医院のアクセス
・駐車場を備えております。
・JR甲府駅からタクシーで10分(1,200円程度)でお越しいただけます。
古屋歯科医院の院内紹介

当院は、JR各線『甲府駅』から車で10分ほどの閑静な住宅地にございます。
インプラント治療から虫歯・歯周病治療まで、幅広い治療を行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。


当院のスタッフが笑顔で丁寧に患者様をお迎えいたします。ご案内は、あらかじめご予約いただきました患者様を優先とさせていただいておりますが、急を要する症状の方は、受付にてご相談ください。


診療の準備が整うまで、こちらの待合室でお待ちください。自然の光が入る、落ち着いた空間を演出しております。準備が整いましたらお名前をお呼びいたしますので、ごゆっくりおくつろぎください。


診療室の整理整頓、器具の消毒・滅菌などはもちろん、常に清潔な診療を徹底しております。
各ユニット間を、パーテーションで区切り、適度なスペースをお取りしておりますので、周囲をお気になさることなく集中して治療にお望みいただけます。


それぞれのユニットにはモニターを設置しており、ご自身の口腔内の状態をご確認いただけるようになっております。 患者様とのコミュニケーションを大切にしておりますので、疑問や不安なこと、どのよなことでもご遠慮なくご相談ください。


レーザーは、虫歯治療の他、知覚過敏、口内炎、歯周病、ホワイトニングなどの治療において、様々な利点があります。
【レーザー治療の特徴】
■虫歯以外の組織を痛めにくい
■治療中や治療後の痛み、出血が少ない
■化膿しにくく、治療期間の短縮につながる


デジタルレントゲンはフィルムを使用しないので環境に優しく、従来のレントゲンに比べX線照射量が低いので、身体にも安全なレントゲンです。
撮影した映像はデジタルデータのため鮮明でわかりやすく、すぐに診療台モニターで確認することができます。


清潔で安全な治療を受けていただくため、お口の中に入る器具やその他の道具は高圧蒸気滅菌器による滅菌を行なっております。
感染予防はもちろんのこと、患者様に清潔な環境の中で治療を受けていただけるよう配慮しております。

古屋歯科医院の診療案内

インプラント

【なぜインプラント治療をすると良いのでしょうか?】

虫歯や歯周病によって歯を失った場合の治療は、従来の治療方法では義歯(=入れ歯)かブリッジによって補綴治療〔ほてつちりょう〕します。約30年ほど前までは、この方法しかなかったからです。
現在インプラント治療は、欠損部を補う最先端医療技術として確立されました。

  • 義歯(=入れ歯)では、異物感、取り扱いの不自由さ、精神的なストレス、周囲の歯のカリエス、噛み過ぎや材質の劣化による破折などがあります。
    義歯の取替えの時期は、約4年前後という臨床統計が出ています。



  • ブリッジでは、健康な周囲の歯を大きく削らなくてはなりません。
    健康な歯が、とても痛々しいですね。
    欠損部にインプラントを使用することで、負担のないバランスの取れた歯並びを長く持続できます。



上の写真は、欠損部をブリッジにして連結したものですが、1歯1歯の歯根の大きさや力の加わる方向が違うので捻られるようにして根元から破折してしまいます。
破折した歯根は抜歯します、抜歯後はさらに大きな欠損部ができてしまいます。
大きな欠損を審美的かつ、しっかりとした咀嚼機能〔そしゃくきのう(=物を噛む能力のこと)〕を回復するには治療期間や治療費が大きな負担となります。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

【より良いインプラントの利用方法は!】

不幸にも抜歯が必要となったら、抜いたまま長い間そのままにしないで、骨が吸収して無くなってしまう前にインプラントを利用することが良いとでしょう。
1歯欠損のインプラント手術の利点は、外科的浸襲(傷口)が少なくインプラント担当医と通常の歯科医師との技術的な差があまり出ないことです。ぜひ、お近くの先生に相談してみてください。欠損数が多くなると、その先生の技術によって、埋め入れ間隔、方向角度などまちまちになり手術時間や、審美的回復にも大きな差が出てきます。また、歯周病はインプラントに大きな影響を与えますあらかじめ治しておきましょう。
多くの方にインプラント治療を知っていただき、健康で丈夫な体作りのために良い噛み合わせでおいしく食事を味わっていただきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

古屋歯科医院のスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 古屋 延明

ごあいさつ
歯科の仕事を始めて30年、この30年は歯科医療にとって技術的に飛躍した時代でありました。インプラントはその象徴といえるのではないでしょうか。
不幸にして失ってしまった歯を甦らせるというすばらしい技術ができました。このすばらしい技術をより多くの人たちにお受けいただきたいという気持ちでインプラントの勉強を続けてまいりました。
古屋歯科医院3代にわたる経験を基に、最先端の治療をご提供できるよう技術の向上に努めて行きたいと思います。


皆様に優しく、そして丁寧さを心掛けて日々診療にあたり、またエイジングケア ・ 生活習慣病 ・ スポーツ医学 ・ 食育など、 丈夫な身体と脳を鍛えること、噛むことの大切さをテーマに勉強し研究を続けております。

院長経歴
1987年5月 古屋歯科医院 開設 (山梨県甲府市)
2002年9月 歯学博士学位 取得
2004年1月 甲府脳神経外科病院 理事

>> 詳しい内容はこちら

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!