歯科用語集

知覚過敏症(ちかくかびんしょう)

別名:象牙質知覚過敏症
エナメル質がはがれ、象牙質が露出することで様々な刺激に対して、
過剰な痛みを引き起こすことをいいます。
冷水や冷気、歯ブラシなどが象牙質に触れることで一過性の鋭い痛みを感じます。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証