歯科用語集

マイクロスコープ(まいくろすこーぷ)

マイクロスコープとは手術などで使う顕微鏡のことで、最大で約30倍まで拡大して見ることができます。

歯科では1980年頃に歯内療法(歯の中にある神経を除去あるいは消毒する治療)に使用され、現在マイクロスコープを取り入れる歯科医院も増え、あらゆる歯科診療で応用されています。

マイクロスコープを導入する事によって、肉眼では確認できない細部の問題点を把握することが可能となり、より正確な診断・より精度の高い治療が行え、見逃しによる再発や再治療を防ぎ、確実な治療成果を生みます。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証