歯科用語集

支台歯(しだいし)

ブリッジや部分床義歯、クラウンなどを補綴する際に、土台となる歯や歯根のこと。噛んだ時の力が加わるため被せ物に合わせて十分な厚みや高さが必要。補足説明:場合により歯質を多く削る場合は、歯髄(歯の神経)を取り除く必要もある。(⇒失活歯)
支台歯(しだいし)





このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】

<PR>
インプラント10年保証