歯科用語集

静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)

静脈内点滴に催眠鎮静導入剤を少量投与することにより、緊張感や不安感・恐怖感の無い、あたかも眠ったような夢心地の状態が得られます。インプラント手術時などに用いられることが多く、ストレスの無い快適な状態で手術を行う事が可能です。鎮静薬剤には健忘効果もあるので、手術中の不快な記憶などは殆ど残りません。

笑気ガス吸入鎮静法よりも確実で深い鎮静効果が得られますが、全身麻酔と異なり完全に意識は消失せず、また全身麻酔よりも回復が早いのが特徴です。

通常は麻酔認定医による全身管理下において、術中の心電図、脈拍数、血圧、酸素飽和度等のバイタルサインを生体情報モニターで測定・監視しながら安全に静脈内鎮静および手術が行われます。

生体情報モニター
生体情報モニター手術中の様子
資料提供:南青山インプラントセンター佐藤歯科医院


このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証