手術中こそリラックス

手術中こそリラックス
歯医者さんの治療って、どうしても怖いイメージがあると思います。
音だけが聞こえて、何をされているかわからないし、痛かったらどうしよう! と治療中不安を感じる人は多いでしょう。

実は手術中はこれがあまりよくありません。
身体が緊張状態になると、心拍数が上がるなど小さな異常がでて手術を邪魔することもあります。
けれど、そうはいっても緊張しないのは難しい方もいるでしょう。

一番良いのは関係ないことを考えること。
気をそらしてリラックスしてみましょう。
歯が良くなったら何を食べよう、とかでも良いと思います。

ただし、リラックスしようと思って力みすぎないように気をつけてください。信頼できる先生に任せてのんびり待つ位がちょうど良いでしょう。

▲ リラックスが手術の
成功にもつながります
手術中ってどんなかんじ?

麻酔が効いて、痛みは勿論ありませんが感覚はどうしても残ってしまいます。とはいっても通常よりはだいぶ鈍く、厚い皮の上から触られているような感じだと思います。

しかし、痛みは無いはずなのですが、緊張しすぎた状態だとこの感覚を痛みと勘違いしてしまうこともあります。そんな時のためにもリラックスして手術を受けるのがやはり一番です。

そんなわけで痛みも殆どありませんのでじっとしているしかないのですが、実は味を感じることもあります。

これは骨を削る時、血を流すために使う生理食塩水を味覚で感じることがあるようです。
時々苦味として感じる人もいるようですが、とりあえず異常ではないので、少しだけ我慢しましょう。

また、舌の置き場に困る方もいるようですが、これは歯医者さんのほうで避けて治療してくれるので何もせずに力を抜いておきましょう。


手術中に患者さんが出来ることは、リラックスすることだけ。
あとは先生に任せてのんびり終わるのを待ちましょう。



タグ:
手術

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材