オールオンフォー(All-on-4)の基礎知識

オールオンフォー(All-on-4)とは


▲Drパウロ・マロ

開発者について

オールオンフォー(All-on-4)とは、リスボン(ポルトガル)の
CM Clinica maloのDrパウロ・マロによって開発された、最新のインプラントの手法です。


▲インプラント埋入

経済的で手術時間も短い

上顎洞(上顎にある空洞)や下顎管(下顎にある太い神経)を避けるために、インプラントを傾斜させて埋入する、無歯顎の方のための治療法です。
この方法は最小4本のインプラント義歯を固定することで経済的で手術時間も短く、しかも即日に仮歯をインプラントに固定して食事が取れるという特徴があります。


▲インプラント義歯を固定

非凡なセンスが生んだ術式

インプラントを傾斜させて埋入するというアイデアは彼独自のものでは無く前からありました。

が、最小4本の(6本必要な場合もあります) インプラントで12本分の義歯を支えるという術式をシステム化し、さらにAll-on-4と命名したことは、 彼の非凡なセンスを感じさせます。

※なお、All-ON-4(オールオンフォー)はノーベルバイオケア社の独自のシステムであり、他社のインプラントではできません。

資料提供
天川歯科クリニック
院長:天川 智央先生
>> 医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材