インプラント手術の前に確認しておく3つのポイント

  • 顎骨の内部まで見通せるCTスキャン
  • コンピューター技術を使用した3Dテクノロジーインプラント
  • そのほかに気をつけること

あなたのインプラント手術は、
次の技術を導入したものですか?

  • CTスキャン
  • 3Dテクノロジーインプラント

これらの技術は、コンピューターを使ったより詳細な治療計画に基づいたインプラント手術を行うためのものです。
現在、すべての医院に導入されている訳ではありませんが、今後、これからのインプラント手術のスタンダードになりうるものです。ここでは、それぞれの技術について、詳しくご説明致します。

POINT1

顎骨の内部まで見通せる「CTスキャン」

顎骨の内部まで見通せる「CTスキャン」

なぜCTが必要なのですか?

インプラントを埋め入れる顎骨の内部には、動脈や神経が通っており、埋め入れる位置や角度は詳細に検討しなければいけません。 ですので、手術前の検査がとても重要です。
レントゲン画像による検査では平面的な撮影しか行えず、インプラントを埋め入れる位置は、おおよそで決定していました。
しかし、CTスキャンでは、顎骨の形に加え、骨内部の神経や血管の構造まで、立体的に撮影することが可能になりました。
これにより、より安定した状態で、インプラントを埋め入れられるようになったのです。

さらに、撮影して得られたデータをコンピューターに取り込み、コンピューター上で、手術のバーチャルシミュレーションを行う技術まで登場しています。 >>3Dテクノロジーインプラント

セカンドオピニオン

現在通っている歯科医院でCT撮影を行わない場合、ほかの歯科医師の意見も聞く「セカンドオピニオン」を検討することも手段の一つです。

「セカンドオピニオン」とは

患者さんがより良い決断を行うために、主治医以外の歯科医師の意見を求めることをいいます。歯科医師によって意見が異なることは少なくありませんが、他の歯科医師の意見を聞くことは、納得して治療を受けるための有用な手段となるでしょう。

ただし、今通っている歯科医院に加え、ほかの歯科医院へ行くとなると、負担する費用が増えることになります。 主治医の説明を聞いた上で不安が消えない場合は、検討された方がよいかもしれません。セカンドオピニオンを受ける場合、相談先の歯科医院に事前に連絡し、必要書類と費用に関して質問しておくとよいでしょう。

CTスキャンを使用したインプラント手術について 詳しい情報はこちら

POINT2

コンピューター技術を使用した
「3Dテクノロジーインプラント」

コンピュータ技術を使用した「3Dテクノロジーインプラント」

3Dテクノロジーインプラントとは?

CTスキャンで撮影した3D画像をもとに、インプラント手術のバーチャルシミュレーションを行う技術です。これにより、動脈や神経の位置を避けた、より詳細な治療計画の立案が可能になります。

3Dテクノロジーインプラントの特徴

シミュレーション通りの手術を可能にするガイドテンプレート

シミュレーション通りの手術を
可能にするガイドテンプレート

コンピューターでのシミュレーション結果をもとに、患者さんごとにカスタマイズされた、インプラント埋め入れガイドテンプレートを製作します。これは、インプラントを埋め入れる、位置、角度、深さが記録されたマウスピース型のガイドで、この装置を手術に用いることで、シミュレーションで決定された位置、角度、深さに、確実にインプラントを埋め入れることができます。また、シミュレーションと同時に被せ物の設計もできるため、見た目と機能を兼ね備えた被せ物を、手術当日から装着することも可能です。

メスを使った切開は行いません

メスを使った切開は行いません

従来のインプラント手術では、メスで歯肉を切開していたため、場合により多くの出血がありました。3Dテクノロジーインプラントでは、インプラントを埋め入れる部分に4〜5ミリほどの穴をパンチングして開けるため、歯茎を開いたり縫い合わせる必要がありません。

顎骨が少ない方でも、手術できる可能性があります

顎骨が少ない方でも、
手術できる可能性があります

インプラントを検討されている方の中には、「顎骨が足りず、インプラントできない」と断られた方もおられるのではないでしょうか?長年入れ歯を使用していたり、事故で顎骨を失った場合、インプラントを固定する土台がなく、手術できない場合があります。
骨造成」や「骨移植」により、インプラント手術が可能になる場合もありましたが、大掛かりな外科手術が伴います。3Dテクノロジーインプラントでは、顎骨の断面図や形を立体的に把握でき、顎骨が足りない場合でも、インプラントを斜めに埋め入れたり、長さが短いインプラントを埋め入れるなどして、インプラント手術を行える場合があります。

3Dテクノロジーインプラントについて 詳しい情報はこちら

骨造成の前に聞いておきたいこと

顎骨が少なく、インプラント手術ができない場合、骨移植や骨造成を検討されることもあるかと思います。骨造成は大掛かりな手術になる事もありますので、手術の前に下記のような事柄について、担当の歯科医師に相談してみるのもよいかもしれません。

トラブルの際も対応して頂けますか?

「骨造成」「骨移植」は、大掛かりな外科手術を伴いますので、万が一トラブルになった場合、患者さんへの負担が大きくなることがあります。ですので、トラブルが起こった際の再治療体制が整っているかどうか、事前に確認することが大切です。

難症例の場合、ほかの先生を紹介してくれますか?

また、難症例の場合は無理して手術を行わず、より知識や技術のある歯科医師を紹介してくれるかどうかを、主治医に聞いてみるのもよいかもしれません。

3Dテクノロジーインプラントの治療の流れ

1

問診・診察

患者さんのお悩みをお聞きし、口腔内を拝見します。どのような噛み合わせを作っていくか、治療後の経過まで含めて、総合的に判断します。初診時に診察・レントゲン検査を行い、患者さんのご要望(ご予算・治療期間・最終的なゴールの設定)をお伺いします。目指すべき噛み合わせや治療後のメインテナンスについて総合的に判断し、埋め入れるべき部位と本数、付随する手術、治療期間の計画を立てていきます。

問診・診察

2

CT撮影・治療
シミュレーション

CT撮影を行い、CT撮影されたデータから、顎骨の3Dモデルを作成します。
顎骨の3Dモデルを用い、コンピューター上で手術のシミュレーションを行います。

CT撮影・治療シミュレーション

3

インプラント手術

ガイドテンプレートに沿って、顎骨にインプラントを入れる穴を開けていきます。インプラントの埋め入れも、サージカルガイドを付けたまま行います。CTやコンピューターによるシミュレーションと同じ、位置、深さ、角度に埋め入れていきます。インプラントを埋め入れた後は、歯肉の貫通部を治癒させるための蓋を装着して終了です。

インプラント手術

4

被せ物の装着

アバットメントと呼ばれる支台をインプラントに装着し、型採りの後、最終的な被せ物を作製します。

被せ物の装着

5

メインテナンス

インプラントをより良い状態で長期間にわたり機能させるために、定期的に診察やレントゲン検査を行い、異常がないかチェックすることが大切です。もちろん、患者さんご自身による、ご自宅でのケアも忘れてはいけません。

メインテナンス

3Dテクノロジーインプラントについて 詳しい情報はこちら

POINT3

こんなことにも気をつけてみましょう

以上、CTスキャンと3Dテクノロジーインプラントについてご説明致しましたがそれ以外にも、インプラント手術の前に気を付けるべき点はいくつかあります。医院探しの際には、下記の点にも気を付けてみてください。

  • 個室で、滅菌管理されたオペ室があるか

    個室で、滅菌管理された
    オペ室があるか

  • 信用できるインプラントメーカーのインプラントを使用しているか

    信用できるインプラントメーカーのインプラントを使用しているか

  • 酔においては、麻酔担当医が行っているか

    麻酔においては、
    麻酔担当医が行っているか

  • 患者様の状態を把握するために、生体情報モニタを導入しているか

    患者様の状態を把握するために、生体情報モニタを導入しているか

  • 感染予防を行っているか

    感染予防を行っているか

皆様に、インプラント手術についての知識を得ていただき、インプラント治療を通じて、より健康で楽しい生活を送れるよう、お祈りしています。

インプラント手術の安全基準について 詳しい情報はこちら

ページ監修 :

東京銀座シンタニ歯科
口腔外科クリニック 院長 新谷 悟

患者様のより良い口腔環境のために、インプラント手術についての情報を発信しています。インプラント手術についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック 院長 新谷 悟 院長 新谷 悟

東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックのホームページで
インプラント治療についてもっと詳しく知る

経歴

1988年
岡山大学歯学部 卒業
1992年
岡山大学大学院歯学研究科 修了
1994年
愛知県がんセンター頭頸部外科 レジデント
1996年
岡山大学歯学部附属病院第2口腔外科 医員
1997年
岡山大学歯学部附属病院第2口腔外科 助手
ハーバード大学歯学部分子病理部門(米国)博士研究員として留学
岡山大学歯学部口腔外科学第二講座 助手
2001年
愛媛大学医学部歯科口腔外科学講座 助教授
2006年
昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学講座 主任教授
2007年
中国井岡山大学医学部口腔外科 客座教授
2008年
カナダトロント大学歯学部 Faculty Advisor
2012年
昭和大学歯科病院口腔がんセンター センター長
2014年
東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック 開院
島根大学医学部歯科口腔外科学講座 臨床教授
富山大学医学部歯科口腔外科学講座 非常勤講師
山口大学医学部歯科口腔外科学講座 臨床教授
2015年
富山大学医学部歯科口腔外科学講座 臨床教授

所属学会・資格

  • 国際インプラント学会 ICOI Diplomate 指導医
  • 公益社団法人 日本顎顔面インプラント学会 指導医
  • 公益社団法人 日本口腔外科学会 専門医・指導医
  • 一般社団法人 日本口腔腫瘍学会 会員

〒104-0061
東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F
TEL 03-3538-8148

診察時間
月〜金曜 10:00〜13:00 / 14:30〜19:00
土曜   10:00〜13:00 / 14:30〜18:00
休診日
日曜・祝日
アクセス
有楽町線『銀座一丁目駅』 9番出口 徒歩1分
銀座線『京橋駅』 2番出口 徒歩2分
JR『有楽町駅』 京橋口 徒歩3分
地下鉄各線『銀座駅』 A13番出口 徒歩3分
都営浅草線『宝町駅』 A3出口 徒歩3分

詳しくはこちら

このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です