歯が抜けたら早めの治療を!

本当に抜けたまま放置していて大丈夫?

みなさんは歯が抜けてそのままにしていませんか?
「なかなか時間がなくて歯医者さんにいけない」「歯が1本くらいなくても日常生活では困らない」
という方もおられるのではないでしょうか。
けれども、本当にそのままで大丈夫でしょうか?

 data-mce-src=
▲図1
 data-mce-src=
▲図2


歯が抜けたままだと・・・

  • 歯がないスペースに向って隣の歯が図1のように傾いてくる。
  • 歯がないスペースに向って隣の歯が図2のように伸びてくる。
  • 噛み合わせのバランスが崩れて上下の歯で、しっかり噛めなくなる。
  ・・・など、さまざまな問題が起こってしまいます。一般的に思われているよりもずっと歯は動きやすい部分なのです。

機能的な面だけではなく顔の見た目にも影響してきます

 data-mce-src=
上の図を見てください。この図は、歯が1本抜けてしまった状態を表わしたものです。
抜けた歯の隣の歯が倒れてきて、さらに噛み合っていた歯が下に伸びてきます。また、噛み合わせのバランスが崩れて、片側の歯だけで噛むようになり、顔の筋肉の負担が変化して輪郭が変わったり、顎関節の障害がでることがあります。それだけではなく、前歯に負担がかかり、出歯になる恐れが出てきます。
このように1本の歯が抜けただけで、連鎖的に他の歯にも影響が出て顔の輪郭が変わってしまうことも起こり得るのです。
また、
  • しっかり噛まずに飲み込むため、消化不良となり胃腸障害をもたらす可能性がある
  • 一部の歯が失われ、歯並びが悪くなったことで、発音がしづらくなる
など、思わぬところで影響が出る可能性もはらんでいます。

一度そのような状態になると治療が大掛かりになり大変です。
歯の1本くらい・・・と甘く見ずに、歯が抜けてしまったら放っておかず歯科医院への早めのご相談をお勧めいたします。



タグ:
歯がない

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材