顎骨骨髄炎 [がくこつこつずいえん] とは

あごの骨

顎骨骨髄炎 [がくこつこつずいえん] とは、細菌などによって歯を支えるあごの骨の組織が炎症を起こして化膿している状態のことをいいます。悪化すると治療が難しいとされている疾患です。

顎骨骨髄炎の原因は大きく分けて3つ

    【1】 化膿性のもの
  • 虫歯歯周病による感染
  • 【2】 二次的なもの
  • 抜歯後の箇所からの感染
  • あごの骨の骨折からの感染
  • 首より上にできた腫瘍を治療するための放射線による血行障害や骨髄機能障害によるもの
  • 【3】 薬物によるもの
  • 根管治療で使用する薬剤
  • ビスフォスフォネート系薬剤(骨粗鬆症の治療で使用するお薬)

一番多く見られるのが、虫歯や歯周病が悪化して、細菌が歯からあごの組織にまで広がることによって起こる化膿性のもので、他に、抜歯後の箇所やあごの骨を骨折した箇所から入り込んだ細菌の感染で起こる二次的なもの、歯の根っこを治療するための薬剤や骨粗鬆症の治療で使用される「ビスフォスフォネート剤」などの薬物によるものなどがあります。

どんな症状?

■歯の周辺に表れる主な症状
痛み・口腔粘膜や皮膚の腫れ、赤み・歯がぐらつく、周辺の歯がぐらつく・膿が出る・リンパ節の腫れ

■全身に表れる主な症状
高い発熱・食欲不振・倦怠感

どこを受診すればいいの?

口腔外科がある歯科医院を受診するか、症状によっては、整った設備での治療が必要となる場合もありますので、総合病院や大学病院の口腔外科を受診するようにしましょう。

顎骨骨髄炎の方はインプラント治療が保険適用となる場合がある

顎骨骨髄炎によって、あごの骨の3/1以上を連続して失ってしまい、ブリッジや入れ歯での治療が難しいと判断された場合に、インプラント治療が保険適用になります。詳しくは「保険適用されるインプラント義歯について」をご参照ください。



タグ:
保険保険診療顎骨骨髄炎

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材