インプラント治療後の疑問-歯周病について-

インプラントは歯周病になるの?

メンテナンスが重要です!

歯磨きやメンテナンスを怠っていると、インプラントの周囲が歯周病になります。
通常の天然歯と同じように、歯周病の治療をします。
場合によっては歯周病の手術をすることもあります。
重度の歯周病になってしまった場合は、治らない場合もあります。

その時は、残念ながらインプラントは除去します。
除去した場合は、1サイズ大きなインプラントを入れなおすか、骨を増やす治療をして期間をおいてから再度インプラントを埋入します。
インプラントが歯周病にならないためにも定期メンテナンスは必須です。

歯科医院でのメンテナンス

普段のブラッシングでは落としきれない汚れを歯科医師や歯科衛生士によるケアでフォローをします。
また、自宅でのケアの指導を受けることも必要です。


毎日のメンテナンス

基本的には天然歯と同じようにしっかりと歯磨きをすることが大切です。
インプラントの接合部(境目)は、汚れが落としにくい部分です。
歯ブラシと一緒に歯間ブラシやデンタルフロスを使ってのケアをお勧めします。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材