インプラントの費用について - 相場は?

インプラント治療をご検討中の方へ。 ここでは、インプラント治療の相場の特徴と、相場の詳細についてご紹介します。

インプラント治療の相場の特徴

保険はきかないの?

インプラント治療は保険の対象外となることが多く、ほとんどの方は自由(自費)診療で受けられています。自由診療は、歯科医院が独自に決めた治療に対し、全額自己負担で受けることになります。

どのくらい費用がかかるの?

国内で行われているインプラント治療は、 1本につき20万円 のところもあれば 60万円 のところもあり、費用設定に大きな開きがあります。関東やその他の大都市は費用が高い傾向にあり、 35〜45万円 が相場です。

インプラントにかかる費用の相場
【保険が適用される場合】
病気や事故などによって“歯と顎の骨を広範囲に失ってしまった”場合に限り保険適用となります。

相場の詳細について

インプラント1本っていっても、医院によって中身は様々

インプラント1本につき○○円 」と表記されていても、インプラント治療にかかるすべての費用が含まれていることもあれば、顎の骨に埋め入れるインプラント体だけの費用をさしていることもあります。表記されている費用には、どのようなものが含まれているのか、治療を受けたい歯科医院に確認しておきましょう。

    インプラントの構造
    ▲インプラントの構造
    「インプラント1本」に含まれる費用詳細の主な例
  • 精密検査代
  • 診断料
  • 各部品代
      主に次のような部品を使用します。
    • (1) 顎の骨に埋め入れる「 インプラント体 (人工歯根)」
    • (2) 歯冠 の代わりとなる人工歯とも呼ばれる「 上部構造
    • (3) インプラントと上部構造を連結する「 アバットメント
    • (4) これらを連結させるネジやセメント
  • インプラント手術代(手術室や治療機器の使用、器具の滅菌消毒、使い捨ての器具や布、薬代など)
  • 治療技術料
  • 治療過程で撮るレントゲンやお口の写真、模型代
  • など

上記のような失った歯を補う治療以外に、抜歯や骨移植、仮歯の作製、歯のクリーニングなどの処置が必要な場合、別途費用発生となることがほとんどです。治療方法や費用総額を正確に知るには、精密検査を受けることが必要となります。

インプラントを長い間使い続けるためには、治療後も定期的に受診し、検診やお口の掃除などを受けるメインテナンスが必要となります。少なくても1年に1〜2回受診することが一般的で、お口の状態によってその頻度は異なります。メインテナンスも歯科医院ごとに費用が異なりますので、必ず事前に確認しておきましょう。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材