セカンドオピニオンとは

治療方針に迷いや不安がある

歯科治療を受ける際、提示された診断や治療方針に迷いや不安があり、治療を進められないことはありませんか?

このような時、担当の歯科医師の下で納得して治療を受けられるように、担当の歯科医師以外の意見を聞き、参考にすることをセカンドオピニオンといいます。他の歯科医師の意見を聞くことは、よりよい決断をするための有用な手段となるでしょう。ここではセカンドオピニオンの基本についてご紹介します。

どんな時にセカンドオピニオンを考えたらいい?

  • 病状の診断以外の意見はないか
  • 希望する治療が不可能と診断されたが、果たして本当に受けられないのか
  • 提示された治療方法を受けることに抵抗がある
  • 診断を受けた治療方法以外に治療の選択肢はないか

これから受ける治療説明の中で、このような迷いや不安を感じたときに検討されるとよいでしょう。

■検討する上での注意点
説明を受けてうまれた疑問は、まずは担当の歯科医師に率直に聞きましょう。歯科医師が忙しそうで聞きそびれてしまった場合は、衛生士やスタッフなどに聞いたり、相談するとよいでしょう。

セカンドオピニオンは、すでに終了した治療が適切であったかどうかを判断したり、担当の歯科医師の不満を相談したりするものではありません。

【自由診療とセカンドオピニオン】
保険が適用されない自由診療においては、歯科医院が独自に決めた治療方法や費用で行われるため、多くの選択肢があります。セカンドオピニオンは、自由診療の中で迷いがある方にとって、特に有用な手段といえます。保険診療に関しては、全国で治療方法や費用が統一されているので、診断以外に関してはあまり差がないことが多いです。

セカンドオピニオンの取り方

担当の歯科医師に以下のことを伝えましょう。

  • セカンドオピニオンを取りたいこと
  • 診療情報提供書(紹介状)、パノラマCTなどの検査のデータなどを用意して欲しいこと
【ポイント1】
言い出しにくいこととは思いますが、勇気を出して担当医にセカンドオピニオンの希望を伝えましょう。紹介状やレントゲン写真を用意することができなかったとしても、相談を受けてくれる歯科医師も中にはいますが、データがないためごく一般的な意見になってしまい、参考にならないことが多いようです。
【ポイント2】
セカンドオピニオンを拒まれた場合は、患者様自身のことを第一に考えずに治療を進める可能性が高いため、他の施設で治療を受けることも検討されるとよいでしょう。

セカンドオピニオンを行う歯科医師・歯科医院の探し方

  • 虫歯や歯周病などの一般治療であれば、どの歯科医院でも治療されているので見解を求めることができますが、特に専門性の高いインプラントや矯正歯科、口腔外科などの分野は、同じ治療を専門とする歯科医師の下で受けるとよいでしょう。
  • セカンドオピニオンを受けていない施設もありますので事前に確認しましょう。
【ポイント】
どこに不安や迷いがあるのかをよく考えて整理しておきましょう。聞きたいことがまとまると、セカンドオピニオンを受ける歯科医院を探しやすくなることもあるでしょう。
>>セカンドオピニオン対応の歯科医院検索はこちらから

セカンドオピニオンにかかる費用

セカンドオピニオンは診療ではなく相談になるので、保険診療の対象にはならず、基本的には自由診療になります。費用に関しては、無料〜30,000円と大きく差があり、相談時間によって費用が変わるところもあります。無料相談を行う中には、新たな検査とその費用を求めるところもあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

担当の歯科医師に報告しましょう

歯科医師に報告セカンドオピニオンで得た見解と、自分自身の考え方に変化があったかどうかを、担当の歯科医師に報告しましょう。(施設によってはセカンドオピニオンの詳細を、担当医に書面で報告するところもあります。)新たな診断や治療方法を聞いた場合は、担当の歯科医師の見解も聞き、そのうえでこれからの治療について相談・検討され、納得できる治療方法を選択しましょう。

セカンドオピニオンは、多角的に検討し、よりよい治療を選択するための方法です。転院を前提とするものではありませんので注意しましょう。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材