一回法と二回法 ― インプラントの手術方法

インプラント手術の種類

1回法と2回法

インプラント治療には、1回法2回法の二種類があります。
この違いは、歯肉を切開する手術を1回行うか、2回行うかという点です。アバットメント(被せ物とのインプラントの接続部分)を1次手術で取り付けるものが1回法で、2次手術で取り付けるものが2回法です。

2回法手術

2回法の12回法は手術を2回行います。
まず、歯肉を切開し、ドリルでインプラントを埋め入れるスペース(穴)を作り、インプラントを入れます。インプラントは骨の中に完全に埋め込み、その上に歯肉を被せて縫合します。

そして、インプラントと骨がしっかりと結合するまで約3か月〜6ヶ月待ちます。(治癒期間)
2回法の2インプラントが顎の骨と結合したら、被せ物をセットするための2次手術を行います。
2次手術では再度歯肉を切開し、インプラント体にアバットメントを連結させます。その後、型を採って被せ物を作製し、アバットメントにセットします。

このように、インプラント体を歯肉の下に埋め込んだ状態で骨との結合期間を経てから、アバットメント取り付ける方法が2回法です。

1回法手術

1回法は、手術を1回だけ行います。 まず、2回法と同様に歯肉を切開してインプラントを埋め入れます。このとき、インプラントは、アバットメントと一体化したワンピースタイプのものを使用します。そしてアバットメントは、その一部を歯肉の上に露出させた状態にします。
この状態で顎の骨とインプラントが結合する期間を経て、2回法と比べて早期に被せ物をアバットメントに装着します。
1回法

1回法と2回法の違い

二回法の特徴
  • 歯肉の切開を2度行う必要があるため、1回法より患者様への負担が大きい。
  • ほとんどすべてのケースで適用できる。
  • 歯肉を閉じてしっかりと治癒期間を待つため、感染の可能性が低い。

一回法の特徴
  • 歯肉の切開は一度だけなので、患者様への負担が軽い。
  • 手術時間を短縮することが可能。
  • インプラントを埋め込む顎の骨がしっかりとある必要がある
  • 骨移植や骨再生を併用する場合、二回法より感染のリスクが高い。



タグ:
治療法手術一回法二回法

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材