団地会館歯科クリニック

IGIインプラントシステム

現在のインプラント治療は、失った歯を機能的かつ審美的に補うことが出来る治療の1つとして確立されています。 しかし、患者様の口腔内の状態や骨の形態などによっては、手術が難しくなる場合があります。また、実際のインプラント埋入オペは、おこなう歯科医師の腕にかかっています。
どんなに腕のいい歯科医師でもインプラントを埋入する場所に多少なりとも、誤差が出ないとは限りません。そういった問題点を克服するために開発されたのが「IGIシステム」です。

IGIインプラントシステムとは・・・・。

術前に撮影したCTの画像をコンピューターに読み込み、3次元画像を作成させます。そして口腔内の情報と3次元画像を同調させ、解剖学的な形態を正しく判断した上で、理想的な位置にインプラントが埋入出来るようにナビゲートするシステムです。

例えると、車でのドライブ時におけるGPSナビゲーションシステムと同じ原理です。(もちろん実際はGPSを用いているわけではありませんが。)

これにより、きわめて安全で、高精度なインプラント治療を行うことが可能となります。
●事前に口腔内のCTスキャニングによりデータをとります。

●CTスキャニングにより得られたデータをもとに3次元画像を作成し、理想的なインプラント埋入位置を決定します。このデータで実際のインプラント埋入のシュミレーションが行うことができるので、患者様にもわかりやすく説明をすることが可能です。
手術中は、赤外線カメラ(図A)と歯科医師がインプラント埋入オペを行う際に使用するハンドピースに接続されたインジケーター(図B)により瞬時に現在のドリルバーの位置(インプラント埋入位置)を把握します。

そして位置、深さ、角度がデータをもとに作成された3次元画像上(図C)にリアルタイムに表示される為、歯科医師は視覚的にも確認ができ、予定の軌道からずれた場合は瞬時に音声アラームで知らせ、ナビゲートしてくれます。

図A:赤外線カメラ

図B:インジケーター
図C:三次元画像
drイメージ画像
資料提供
団地会館歯科クリニック
院長 : 澤邊 治先生


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材