コンピューター・ガイド手術(S2GとSurgiGuide)

コンピューター・ガイド手術(S2GとSurgiGuide)

最新のコンピューター・ガイド手術によって、歯肉をメスで切らず、ほとんど出血もしない無痛インプラントが可能になります。
コンピューター・ガイド手術とは、コンピュータで手術の計画を立案し、その計画通りにインプラントを理想的で正確な位置に埋入する手術のことです。
理想的な位置に埋入できるということは、余計な部分をメスを使って切開をしなくても良いということです。切開、剥離しないと、出血もほとんどなく、腫れもありません。

つまり、「切らない、腫れない、痛くないインプラント」が可能となるのです。

ここでは、一例としてS2Gという手術のシミュレーションソフトとSurgiGuide(サージガイド)というマウスピースのような形をしたインプラントを正確に埋入するガイドを使用した手術についてご説明します。

「S2G」とは?

CTで撮影された画像をコンピューター上で3次元の立体画像にする診断用のコンピュータソフトの一つです。(3D診断ソフトにはSimplant[シンプラント]やNobel Guide[ノーベルガイド]など様々なソフトがあります)
このようなコンピュータソフトを使うことにより、従来のレントゲン写真に比べ、より正確に顎の骨の状態を知ることが出来ます。この診断用に立体化された画像上で、インプラント手術のシミュレーションを行うことができます。


「SurgiGuide(サージガイド)」とは?

コンピュータシミュレーションでの治療計画データを基に作成される、光造型による手術用ガイド(マウスピースのような形のもの)を指します。患者様のお口にぴったりと合う形をしており、インプラントを埋入する理想的な位置にガイド用の穴が開いています。これを手術の際に患者様のお口に装着していただくことで、インプラントを埋入するシュミレーション通りの位置、方向を正確にコントロールし、ガイドすることができます。
こちらは骨に直接当ててドリルを支持するタイプ、歯肉にあてて支持するタイプ、歯にかぶせてドリルを支持するタイプの、3タイプがあります。 このSurgiGuide(サージガイド)を固定することで正確にドリリングを行うことができ、手術のリスクを減らします。



S2Gによるコンピュータ画面上での手術のシュミレーションの様子。


3次元プリンターにてコンピュータでの指示通りにSurgiGuide(サージガイド)が製作され、手術の際に患者様のお口にセットします。これが切削バーをガイドさせることで手術計画通りにインプラントを埋入することができます。


SurgiGuide(サージガイド)に誘導されて手術すると、リアルタイム・ナビゲーション手術と同様にメスで歯肉を切ったり、めくったりせずにインプラントの手術が完了します。左は手術直後の写真です。インプラントを埋入した部分にはほとんど出血も見られません。

SurgiGuide(サージガイド)のようなコンピューターガイドシステムを使用することで、手軽にメスを使わない手術が可能にしてくれます。

問題点をあげるとすれば、手術中の計画変更には対処できない点です。また、手術用ガイドの製作に時間がかかる場合もあります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材