痛み・腫れの少ないHAインプラント

色々あるインプラント

インプラントを大きく分けると、手術が2回あるものと1回のもの、それから表面性状の違いにより、チタンインプラントHA(ハイドロキシアパタイト)インプラントに分けられます。
インプラント体の表面形状がチタンだけで構成されているものがチタンインプラントで、骨に埋める部分の表面がHA(ハイドロキシアパタイト)でコーティングされたものがHAインプラントです。

HA(ハイドロキシアパタイト)とは?

HA(ハイドロキシアパタイト)とは、リン酸カルシウムの一種で、歯や骨の主要構成成分です。歯のエナメル質の95%以上、象牙質の70%がHA(ハイドロキシアパタイト)で構成されています。そのため、生体組織と親和性が高く、時間の経過に伴って骨と結合する性質があります。

HAインプラントの特徴

HAインプラントは、ハイドロキシアパタイトの性質により、インプラントが顎の骨と生化学的に結合(バイオインテグレーション)します。
また、短期間で骨との強固な結合が得られるので、歯を抜くと同時にインプラントを埋入する場合(抜歯即時埋入)に有効です。抜歯即時埋入の場合、歯肉を切り開くことなくインプラントを埋入することが可能となるため、痛みや腫れを軽減できます。

HAインプラントとチタンインプラントの違い

  チタンインプラント HAインプラント
骨との結合 機械的結合
チタンインプラント
厳密に言えば骨との間には
すきまがある。
化学的結合
チタンインプラント
骨との間にはすきまは存在していない。かなり強く骨と結合する。
感染性 骨との間のすきまから細菌が侵入し、感染する場合もある。 すきまは存在しないので細菌は侵入せず、感染しにくい。
治療期間 1次手術〜2次手術(下顎は3ヶ月・上顎は6ヶ月)

抜歯即時埋入においては基本的には不可能な場合が多い。
(歯を抜いたあと歯肉が治癒するのを待って手術をするので数ヶ月かかる。)
上顎洞挙上術においては骨の高さが4mm以下の場合、外科手術を2回行わなければならない。
1次手術〜2次手術(下顎は1〜2ヶ月・上顎は2〜4ヶ月)
抜歯即時埋入が可能。

●歯を抜いたその日に手術できるので治療期間が短い。
上顎洞挙上術においてはソケットリフト法を採用することにより骨が4mm以下の場合でも1回で終了できる。

痛み・腫れ 原則として歯肉を切開するので、痛みや腫れが出ることがある。


歯肉をほとんどはがすことなく治療できる。症例によってはまったくはがすことなく行うので、痛み・腫れを著しく軽減できる。

HAインプラントのメリット

  • 骨の構成成分を使用するため、生体親和性が高い。
  • 短期間で治療が可能。
  • インプラントと骨との間に全くすきまがないほど強固に結合するため、骨の状態が悪くても治療できる可能性が高い。
  • 抜歯当日にインプラントを埋入できる。痛みや腫れの軽減が可能。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材