入れ歯を固定する治療法のオーバーデンチャー

オーバーデンチャーとは、数本だけ残った歯の根っこ、または埋め込んだインプラントを支えにして、取り外し式の総入れ歯を安定させる方法のことをいいます。ここでは、インプラントを使ったオーバーデンチャーの特徴についてご紹介します。

インプラント治療におけるオーバーデンチャーとは

すべての歯を失った場合に受けられる治療法です。顎の骨に2〜4本のインプラント(本数はお口の状態によって異なる)を埋め込み、取り外し式の総入れ歯をつけます。

通常の総入れ歯であれば、粘膜(歯茎)だけで支えることになりますので、食事中にずれたり、食べ物が挟まったりして、痛みや食べづらさなどの問題が起こりやすくなります。

入れ歯(左)と磁石タイプのオーバーデンチャー(右)
▲入れ歯(左)と磁石タイプのオーバーデンチャー(右)

インプラントを使ったオーバーデンチャーは、埋め入れたインプラントの上に、連結するためのパーツを接続し、それにピッタリと合う総入れ歯を装着させます。インプラントに総入れ歯がしっかりと固定されますので、通常の総入れ歯に起こりがちな問題が解消され、よく噛んで食べられるようになります。

インプラントと総入れ歯を連結するためのパーツ

ボールタイプのオーバーデンチャー
▲ボールタイプ

インプラントと総入れ歯を連結するためのパーツには、下記の種類があります。

■ボールタイプ
総入れ歯と接する部分がボール状になっているものをインプラントに接続させます。それにピッタリと合う金具を総入れ歯に埋め込み、ホックで留めるように総入れ歯を装着します。

■バータイプ
埋め入れたインプラントをバーと呼ばれるパーツでつなげます。それにピッタリと合う金具を総入れ歯に埋め込み、クリップで留めるように総入れ歯を装着します。バータイプのオーバーデンチャー
▲バータイプ

■磁石タイプ
総入れ歯と接する部分に磁石を引き寄せる金属をインプラントに接続させます。総入れ歯に磁石を埋め込み、磁力で総入れ歯を固定します。

こんな症状の方にお勧めできます

こんな症状の方にお勧めできます
  • 入れ歯ががたつく
  • 入れ歯が外れやすい
  • 入れ歯でしっかりと噛めない
  • 入れ歯を使っていると痛みがでやすい
  • インプラント治療を受けたいが費用を抑えたい
  • インプラント外科手術を最小限の範囲で行いたい

オーバーデンチャーのメリット

【総入れ歯の治療と比較すると】
  • 総入れ歯がインプラントで固定されるため、入れ歯が安定し、食事や会話でストレスを感じることが少ない。
  • 入れ歯が外れたり、ずれたりすることがほとんどなくなる。
【通常のインプラント治療と比較すると】
  • 使用するインプラントの本数が少ないため、費用が抑えられる。
  • 外科手術の範囲が最小限となるため、身体への負担が少ない。

オーバーデンチャーのデメリット

【総入れ歯の治療と比較すると】
  • インプラントを埋め入れる外科手術が必要となるため、費用と身体への負担が増える。
  • 噛む力が大きくなるため、総入れ歯が割れたり、すり減ったりしやすくなる。
【通常のインプラント治療と比較すると】
  • インプラントと総入れ歯のそれぞれのお手入れが必要となる。
  • 少ない本数のインプラントで支えるため、1本でもトラブルが起こると総入れ歯を使えず、噛みづらくなる可能性が高い。

患者様自身に合った治療方法については、歯科医師の診断を受け、よくご相談されることをお勧めします。どの治療法にもメリットやデメリットがあります。インプラントを使ったオーバーデンチャー治療だけでなく、通常のインプラント治療や総入れ歯治療の特徴やリスクなどを確認し、納得したうえで治療を進めましょう。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材