Simplant(シンプラント)
インプラント治療をより安全に進めるシステム

Simplant(シンプラント)とは?

インプラントを始めるに当たって、治療の成功率をより高め、かつ安全に行うためには事前の検査をどれだけ徹底して行うかにかかってきます。事前検査ではCT等を活用して顎骨の正確な状態を把握できればベストです。

「Simplant(シンプラント)」とは、インプラント術前に行う3Dコンピューターシミュレーションシステムのです。これは、CTにて撮影した画像を処理し、情報を立体的に把握することができるので正確な診断が可能です。
▲従来のレントゲン写真
歯や骨の状態を平面的にしか把握できませんでした。
▲シンプラントによる画像診断
歯や骨の状態を立体的に把握することができます。
また術前のシミュレーションがコンピューター上で行えます。
一般的なレントゲンのみで診断する方法では、インプラント治療を行う際に重要な歯や骨の状態を立体的に診ることができなかったため、手術においては歯科医師の経験と勘のみが頼りでした。

しかしシンプラントを利用することで、、歯や骨の状態を立体的に診ることができ、より正確に把握することができます。手術のシミュレーションもコンピューター上で行えるので、実際の手術の精度も格段に上がります。また患者様に対しても非常に解りやすく手術の経緯をご説明することができます。

歯科医師の経験にプラスして、シンプラントといった最新のシステムがあれば患者様の安全をより確かなものにすることができます。
資料提供
こまつ歯科医院
院長 : 小松 啓之


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材