ソケットプリザベーション - 抜歯即時埋入ができない場合

抜歯即時埋入ができない場合とは?

どうしても抜歯をしなければならない場合、或いは抜歯をしたほうがより望ましい結果が得られる場合、第一選択は抜歯即時インプラントであることに間違いはありません。しかしながら、全てのケースで抜歯即時インプラントが可能ということではありません。
以下のような状態の場合は、いったん抜歯を行い、傷が治るのを待って改めてインプラントを埋入する手術を行うことがあります。

抜歯即時インプラントが望ましくない場合

  1. 抜歯を予定している部分に著しい感染が見られる場合
  2. 骨の吸収が著しく、インプラントの初期固定が得られないと考えられる場合
  3. 骨の吸収により抜歯即時埋入では審美性の回復が困難と考えられる場合
  4. 抜歯の原因が重度の歯周病である場合(事前に十分な初期治療を行うことにより可能な場合もあります)
  5. その他、全身的な基礎疾患(糖尿病など)があり、傷の治りが悪いと予想される場合

そのような場合でも、抜歯をした穴に人工骨や自家骨を入れることにより抜歯後の骨の吸収を最小限に食い止める、すなわち骨を温存することが可能となります。 この場合に用いるテクニックをソケットプリザベーションを言います。

ソケットプリザーベーションを行うことにより、その後のインプラント治療を有利に進めることが出来るようになるだけでなく、インプラント埋入時の骨造成を最小限に食い止めることが可能になります。また、インプラント以外のブリッジなどにおいても非常に有益な治療方法と言えます。

ソケットプリザベーションの流れ

抜歯したままの場合
STEP1

抜歯後、そのままにしておくと骨が吸収してしまい、後のインプラント治療が難しくなってしまいます。
※分かりやすくするために切開〜剥離をしている図を使用していますが、通常は切開などを行いませんので通常の抜歯のような腫れや痛みはほとんどありません。

人工骨を入れます
STEP2

抜歯して出来た穴に人工骨や自家骨を入れていくことにより、周囲の骨を温存(状況により増大)することが出来るようになります。

膜で覆います
STEP3

入れた骨が流出しないように、コラーゲンのシートやメンブレン(膜)で覆うこともあります。これにより、人工骨が定着しやすくなり更なる効果が期待できます。

STEP4

縫合しますソケットプリザーベーションの効果をより確実にしたい場合は歯肉の縫合をするときもあります。
(このレベルの処置にまでになるとGBRとさほど変わらなくなります)

ソケットプリザベーションの治療例
ケース1・・・左上のブリッジが動くので抜歯してインプラントにしてほしい
治療前
▲ 抜歯窩周囲の骨(特に外側)はほとんどありません。通常であれば抜歯後に土手が半分程度に痩せていってしまうかなり難しい状態ですが、ソケットプリザーベーションをすることにより、ある程度までの骨の回復を期待することが出来ます。
  治療後 ▲ 黄色い線の部分まで、骨が吸収しています。このままでは、インプラント治療が難しい状態です。

抜歯時(上写真2枚)

ブリッジを外して抜歯をしたところです。
レントゲンを見れば分かりますが、歯根の先までほとんど骨がなくなっており、このまま何もしない場合はインプラント埋入時に大掛かりな顎堤造成術(GBR)をせざるを得なくなります。そうならないよう歯肉が退縮しないうちにソケットプリザーベーションを行い周囲骨組織を温存し、可能であれば増大を試みます。
   
治療前   治療後
▲ これぐらいのボリュームが残ってくれれば、インプラントは無切開無痛埋入が可能になります。
抜歯時に何もしていなければ、このような状態を期待することはできません。
▲ 黄色い線の部分まで骨の回復が見られます。通常とほぼ変わらない状態です。

2ヵ月後(上写真2枚)

ソケットプリザーベーションをしたおかげで、術前の状態より骨が回復しています。
この状態であれば無切開無痛手術が可能となり、あらゆる面で患者さんの負担を減らすことができます。