インプラント時にソケットリフトを行った症例

ソケットリフトとは

上顎の奥歯の上で、鼻の隣、目の下に上顎洞(副鼻洞)という骨の空洞があります。何らかの事情で歯が無くなってしまうと、この上顎洞の下のラインが部分的に下がってくるので、インプラトの埋め込みと固定に必要な高さを確保できない場合があります。必要な骨の量が不足したままでインプラントを行うと、上顎洞内に突き抜けてしまうことがあります。
ソケットリフトは、上顎骨の厚みが最低3から5mmある場合に将来骨になる物質(人工骨)を入れ、少しずつ上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を押し上げていき、骨の移植と同時にインプラントを入れることができるようにする方法です。

骨の高さが不十分な場合のインプラント治療(ソケットリフト)

CASE 上顎右側の義歯をインプラントにしたい
治療前の状態
▲ 治療前の状態
上顎右側(写真左上)の欠損部分にアタッチメント義歯を使用されていました。

義歯の取り外しに煩わしさを感じるということで、インプラント治療を行いました。
 data-mce-src=
STEP1 骨の厚みが足りないため、上顎洞のスペースを増大させます(ソケットリフト)
  • ソケットリフト前の骨の高さ
    ソケットリフト前の骨の高さ

    術前診断の結果、患者様は上顎の骨の厚みが少なく、そのままではインプラント治療が出来ませんでした。そのため、インプラントの埋め込みと同時にソケットリフト法で上顎洞粘膜の押上げを行うことになりました。

  •  data-mce-src=
  •  data-mce-src=
    人工骨を入れて高さを確保 [イメージ]

    ソケットリフトは歯茎の頂上から3ミリ程の穴を開け、そこから特殊な器具で上顎洞粘膜を押上げ必要なスペースをつくる方法です。人工骨を入れて上顎洞粘膜を押し上げ、インプラントの埋め込みが可能なスペースをつくりました。

※ 治療結果は、患者様によって個人差があります。

川崎歯科医院 葛飾インプラントセンターK'dic 院長 : 川崎 智之
資料提供
川崎歯科医院 葛飾インプラントセンターK'dic 
院長 : 川崎 智之


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材