奥歯を4本失った場合のインプラント症例

かみ合わせを考慮し、3本のインプラントで治療

Case 左上の奥歯が痛くて噛むことができない
治療前のレントゲン
▲ 治療前のレントゲン

こちらの患者様は、「左上の奥歯4本に激痛があり、噛むことができない」というお悩みをお持ちでした。
この4本の奥歯は、歯の根っこまで虫歯が進行しており、残念ながら抜歯をせざるを得ない状態でした。

また、左下には、親知らずが横向きにはえているので、噛み合わせを悪くしています。


4本の欠損ですが、かみ合わせとあごの骨の大きさを考慮し、一番奥の歯にはインプラント治療は行わず、3本のインプラントで治療を行う計画を立てました。

STEP1 抜歯
まずは2本を抜歯
▲ まずは2本を抜歯

まずは、一番奥の歯と、一歯とばして、奥から3番目の歯の2本を抜歯します。
治療期間中は、仮歯を装着します。残っている犬歯*と第二小臼歯*に被せていたクラウンを外し、この2本で仮歯を支えます。


3本のインプラントは同時に治療せずに、抜歯の時期をずらして順次インプラント治療を行うことで、「奥歯がない」という期間をつくらずに治療を行うことができます。


*犬歯… 前から数えて3番目の永久歯のこと

*第二小臼歯… 前から数えて5番目の永久歯のこと

STEP2 骨を増やしてインプラントを埋め込む
ソケットリフトのイメージ
▲ ソケットリフトのイメージ

まずは、左上の一番奥にインプラントを埋め込みます。このとき、上あごの骨の高さが十分ではなかったので、骨を増やす治療の「ソケットリフト」を同時に行いました。
ソケットリフトとは、上あごの奥歯の上に存在する空洞「上顎洞」の底部の粘膜を、専用の器具で押し上げてスペースをつくり、そこに骨補填材(人工の骨)を注入する方法です。
その次に、奥から3番目の歯の部分にインプラントを埋め込みます。

2本目のインプラントを埋め込む
▲ 第二小臼歯を抜歯
STEP3 3本目のインプラントを埋め込む

一番奥のインプラントと骨がしっかりと結合した時点で、これまで仮歯を支えていた第二小臼歯を抜歯します。


そして、抜歯した部分に、インプラントを埋め込みます。

STEP4 骨を増やす治療を行う
GBRのイメージ
▲ GBRのイメージ

3本目のインプラントを埋め込む部分の骨の厚みが十分ではなかったため、骨を増やす治療である「GBR」を行いました。

GBRは、インプラントを埋め込んだ後、骨が薄い部分に人工の骨を充填し、その上を人工の膜で覆うことで、骨を増やす治療法です。


仮歯は、一番奥のインプラントと犬歯で支えます。

土台を取り付ける
▲ 土台を取り付ける
STEP5 人工の歯の土台を取り付ける

全てのインプラントが骨と結合したら、人工の歯を装着するための土台、「アバットメント」をインプラントに取り付けます。そして、精密に歯型をとり、最終的に装着する人工の歯を作製します。

人工の歯を装着
▲ 人工の歯を装着
STEP6 人工の歯を装着

金属のフレームの上にセラミックを焼き付けて作製した歯、「メタルボンド」を装着します。「メタルボンド」は、強度に優れているため、奥歯に適しています。


側方から見ても自然できれいな仕上がりです。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。