悪くなった奥歯のブリッジをインプラントで治療した例

ブリッジを取り外し、インプラントで治療

Case 左上の奥歯のブリッジの状態が悪い
治療前のレントゲン
▲ 治療前のレントゲン

こちらの患者様は、左上の一番奥の歯がなく、延長ブリッジ*で治療されていましたが、ブリッジを支えている歯に違和感を感じ、来院されました。
診察をしたところ、ブリッジを支えていた奥から2番目の歯は、重度の歯周病にかかっており、抜歯せざるを得ない状態でした。

失った2本の歯をインプラントで治療し、その手前のブリッジの支えとなっていた2本の歯にクラウンを被せて治療する計画を立てました。

*延長ブリッジ…ブリッジの端にポンティックがあるもの

STEP1 骨を増やす治療(サイナスリフト)
サイナスリフトのイメージ
▲ サイナスリフトのイメージ

インプラントを埋め込むための骨の高さが不足していましたので、骨を増やす治療「サイナスリフト」を行いました。

「サイナスリフト」とは、上あごの奥歯の上に存在する空洞「上顎洞」の底部の粘膜を、専用の器具で押し上げてスペースをつくり、そこに骨補填材(人工の骨)を満たし、骨を増やす治療です。

            インプラントを埋め込む
▲ インプラントを埋め込む
STEP2 インプラントを埋め込む

骨がしっかりと再生してから、歯を失った部位にインプラントを埋め込みます。(ある程度の骨の厚みがあり、インプラントが固定できる場合は、同時に行うこともあります。)
右のレントゲン写真で、インプラントの先端が白くなっているところが、骨が再生した部分です。

            土台を取り付ける
▲ 土台を取り付ける
STEP3 人工の歯の土台を取り付ける

全てのインプラントが骨と結合したら、人工の歯を装着するための土台、「アバットメント」をインプラントに取り付けます。

インプラントの手前の2本の歯は神経の治療を行い、レジンとグラスファイバー(ガラス繊維)で補強します。

セラミックの歯を装着
▲ セラミックの歯を装着
STEP4 セラミックの歯を装着

最後に、セラミックの歯を2本のインプラントに装着します。さらに、インプラントの手前の2本の歯にも装着し、治療は完了です。

患者様自身の歯とほとんど変わらない見た目になっただけでなく、違和感なくしっかりと噛めるようになりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材