虫歯でボロボロの歯をインプラントで治療した例

重度の虫歯の患者様

治療前のお口の状態

治療前・重度の虫歯

こちらの全体的に虫歯が進行しており、特に上あごの奥歯は歯冠が崩壊している状態でした。
上あごの前歯はブリッジで治療していましたが、土台の歯がボロボロになっており、グラつきがあります。また、下あごの歯は、奥から2番目の歯が重度の虫歯でした。
上あごの歯は、右側の前から3番目の歯以外は、残念ながら保存ができない状態であったため、抜歯することになりました。下あごの重度の虫歯も抜歯です。
失った歯は、インプラントで治療する計画をたてました。

インプラントを埋め込む

インプラントを埋め込む

保存できない歯を全て抜歯し、抜歯した穴が治癒してからインプラントを埋め込みます。
上あごにインプラントを7本、下あごに2本埋め込みます。

人工の歯をセット

人工の歯セット

インプラントと骨とが結合するまで3?6ヵ月ほど時間をおきます。
その後、インプラント体に人工の歯の土台となるパーツ(アバットメント)を装着して、人工の歯をセットします。上の写真はまだ仮歯の状態ですが、最終的な人工の歯をセットすると、より見た目が自然で機能的な歯に仕上がります。


※治療結果は、患者様によって個人差があります。

タグ:
虫歯症例抜歯

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材