歯周病でボロボロの歯を、インプラントで綺麗に治療した症例

重度の歯周病の場合のインプラント治療の流れ

歯周病ですべて抜歯が必要な患者様
CASE 歯周病で歯がボロボロ・・・抜歯が必要

上の前歯は数年前に失い、ブリッジで補っていましたが、重度の歯周病でブリッジを支えていた歯がボロボロになっていました。
また、その他の歯も歯周病の進行によるグラつきがひどく、食事も満足にできない状態でした。

検査・治療のシミュレーション
STEP1 検査・治療のシミュレーション

残念ながら患者様ご自身の歯は全て残すことができないため、抜歯をして、インプラントで治療する計画を立てました。
レントゲンCTによる検査を行い、CTで撮影したデータを元に、コンピュータ上で治療のシミュレーションを行います。

インプラントを埋め込む手術
STEP2 インプラントを埋め込む手術

残っている歯を抜歯した後、事前のシミュレーション通りにインプラントを埋め込みます。
治療部位により、それぞれに適した長さや細さのインプラントを使用します。
上あごに10本、下あごに8本埋め込みました。

人工の歯の土台を装着
STEP3 人工の歯の土台を取り付ける

手術後は、インプラントとあごの骨が結合するまで待ちます。(通常、3?6ヵ月程度)
その後、人工の歯を装着するための土台(アバットメント)をインプラントに取り付けます。

人工の歯の内側のフレームを試適
STEP4 人工の歯の内側のフレームを試適

この患者様の場合、人工の歯は強度に優れた「メタルセラミック」を使用しました。
メタルセラミックとは、人工の歯の基礎構造を金属で補強し、表面にセラミック(陶材)を焼き付けたもののことです。

人工の歯の土台に、セラミックを焼き付ける前の金属の基礎構造(フレーム)を試適し、歯茎にフィットしているかどうかを確認します。

人工の歯を装着
STEP5 人工の歯を装着

最後に、セラミックを焼き付けた人工の歯を装着します。
グラグラで噛むことが困難だった歯が、しっかりと噛めるように変わりました。見た目も自然で綺麗な仕上がりです。

※治療結果には、患者様によって個人差があります。

タグ:
ブリッジ歯周病無歯顎症例

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材