前歯を1本失った場合の症例 (3Dシミュレーションソフトの利用)

Case1 上顎前歯1本を治療した患者様のケース

BEFORE&AFTER 天然歯同様の自然な見た目へ
治療前
治療前
治療後
治療後
上顎右側の前歯を1本欠損されました。
適切な治療計画をご案内し、ご納得いただいたうえで治療を行います。
3Dシミュレーションソフトを使用し、適切な位置にインプラントを埋め入れました。周りの天然歯と同様の自然な色調の被せ物が入り、噛み心地も天然歯とほとんど変わりません。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

POINT 3Dシミュレーションソフトの導入
3Dシミュレーションソフト

今回のインプラント治療には、3Dシミュレーションソフトを利用しております。これにより、骨の厚みや幅、上顎の奥歯の上に存在する骨の空洞、下顎管の位置などはもちろん、骨の硬さなど細やかな情報が得られ、充実した治療が可能になりました。

Case2 下顎前歯1本を治療した患者様のケース

Step1 フラップレス手術
フラップレス手術

こちらの患者様は顎の骨量が十分あるため、フラップレス手術を行いました。歯肉パンチで必要最小限の直径4mmの小さな穴を開けます。この方法ですと、歯肉を剥離しないため、麻酔も少量で済み、出血や痛みが少なく施術時間も約15分程度になります。患者様の身体への負担を抑えることができます。

Step2 インプラントを埋め入れる
3Dシミュレーションソフトによるインプラント埋め込みイメージ1   3Dシミュレーションソフトによるインプラント埋め込みイメージ2

3Dシミュレーションソフトを利用し、直径4mmのインプラントを適切な位置に埋め入れます。

Step3 結合するまで待つ
インプラントが骨と結合

インプラントに仮のフタをして、埋め入れたインプラントと骨がしっかりと結合するまで、約2ヵ月半待ちます。

Step4 アバットメントを連結
アバットメントを連結

アバットメント(人工歯の支台となる部分)を、埋め入れたフィクスチャー(人工歯根)と連結します。

Step5 被せ物を取り付けて完成
セラミックの被せ物を取り付け

セラミックの被せ物を取り付けて完成です。
天然歯に近い色調の被せ物を取り付け、違和感のない見た目に仕上がりました。また、インプラントは顎骨にしっかり結合されていますので、硬いものも快適に食べることができるようになりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材