古賀テクノガーデン歯科 医院HP

千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンF棟1階
院長 : 古賀 剛人
院長 : 古賀 剛人
科学的な根拠を持った治療を充実した技術でご提供します。
“科学的な根拠のある医療”とは、Evidence Based Medicine (EBM) として現在広く世界中で受け入れられている、医療の考え方です。
歯科医療は“カン”で診断して“ウデ”で治すのではなく、科学的に診断を下し、訓練を十分に積んだ“技術”で治療していかなければならないのです。
相談室ボランティアドクター >>相談室への回答一覧はこちら
ガイドデントのインプラント10年保証対応医院
住所 261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3
幕張テクノガーデンF棟1階

地図 地図を見る
電話番号 043-274-6480
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 043-274-6481
診療時間 10:00〜13:00 / 14:30〜19:00
休診日 第5日曜日・祝日
アクセス JR京葉線海浜幕張駅 徒歩1分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム 無料相談
完全予約制 セカンドオピニオン 駅徒歩5分以内 症例画像あり
静脈鎮静麻酔 マイクロスコープ 院内技工(ラボ)併設 治療歴10年以上
費用ページあり インプラント10年保証  
古賀テクノガーデン歯科のアクセス
古賀テクノガーデン歯科の院内紹介

JR京葉線『海浜幕張駅』のすぐ前ということもあり、交通の利便性が優れているので、遠方からの患者様にもご来院いただいております。私達は、より良い歯科医療を幕張の新都心地区で提供し、地域の皆様にも貢献したいと考えております。


通常の待合室とは別に、インプラント治療などの自由診療を受けられる方のための待合室をご用意しております。快適にお過ごしいただけるよう、大きめのソファをご用意致しました。
また、個室の待合室もご用意しております。お仕事などにご利用いただけるようPCを設置したお部屋、マッサージチェアを設置したお部屋、フルハイビジョンテレビが設置されたお部屋などがございます。


■一般治療用診療室
半個室の診療室です。すべてのユニットにモニタを設置し、デジタルX線写真を確認しやすくしたり、治療の説明を動画でご説明したりできるようにしました。
■個室診療室
プライベートな時間をお過ごしいただける、個室診療室もございます。インプラント治療などの自由診療は、こちらで行います。周りの患者様に気を遣うこと無く、治療に専念していただけます。


インプラント手術を行うオペ室です。手術用の無影灯には、ハイビジョンカメラと録画システムを搭載し、各診療ユニットや受付のハイビジョンテレビにリアルタイムで映像を配信することが可能です。撮影された映像は、ご家族が手術を見学されたり、患者様へ手術内容を説明する際などに用いることができます。
座り心地のよいドイツ製のユニットを導入しているので、快適に治療を受けていただけます。


インプラント治療を受けられる患者様は、手術や費用に対して様々な不安をお持ちのことと思います。当医院では、患者様の不安を取り除くため、十分なカウンセリングを行ってから治療を開始致します。疑問や不安がございましたらお気軽にお尋ねください。


デジタル化を果たしたおかげで、放射線照射量が、従来の一般的なレントゲン写真に比較して約1/10に減少しました。X線写真の現像を必要とせず、スピーディな診断が行えます。また、鮮明な画質で口腔内の問題点を早期に発見できます。


インプラントの被せ物などを製作する歯科技工室です。患者様のお口の状態を確認しながら、医院内で技工物を製作するため、残っている歯と調和のとれた、自然な見た目の被せ物を製作することができます。人工の歯根と歯茎の間の違和感をなくすための、シリコン製の人工歯肉の製作なども行っております。審美性に配慮した納得のいく技工物を製作致します。


安全なインプラント治療を行うため、院内の衛生管理を徹底しています。高性能な蒸気滅菌器や歯科用ドリルのための洗浄注油機により、外科的な手術を伴なうインプラント治療において、より安全な治療が行えるようになりました。患者様の安全をお守りするため、常に厳しい姿勢で院内の滅菌対策に取り組んでおります。

古賀テクノガーデン歯科の診療案内

インプラント治療について

インプラント周囲炎とは

当院のインプラント治療の特長は、安全性
どのくらいインプラントがもつのか、という点に関して、インプラントが骨に結合する、いわゆるオッセオインテグレーションを獲得するという意味では、98%程度の成功率、10年後までそれを持続することに関しても、95%以上の成功率が報告されています。このような高確率の治療成功は驚異的なものです。すべてスウェーデンで確立された術式(プロトコール)で行われた場合の成績です。この点は注意が必要です。当院では、そのプロトコールを厳格に守り続けています。一方で、それでもトラブルが皆無ではないために、当院ではインプラント治療に10年間の保証プログラムをご用意しております。

患者様の不安のなかでも、私(古賀)は安全性に関する問題を重視しております。
およそ医療行為でもっとも重要なのは、この安全性だと考えます。皆様は、インプラント治療がどのような教育で普及をしてきたか、ご存知ですか?歯科界にとってインプラント治療は最先端であるだけではなく、供給側のメーカーにとても影響される治療といえます。 そのために、信じられない種類のインプラントが市場に出回り、臨床医の混乱を誘発しています。

それだけならいいのですが、業者主体の研修を2日程度受講しただけで、安易に外科的なトレーニングが決定的に不足したまま、ものすごい数のインプラント治療が一般開業医によってなされているのが現状です。

ワンデイ・インプラント
インプラントをしたその日に歯ができる!! 手術の日の夕食には間に合います。
当院は、治療方法に関して慎重な姿勢を貫いてきました。エビデンス(科学的根拠)のない治療法をオリジナルと称して行うことには反するスタンスを大切にしてきました。 1990年代後半から始められた即時荷重(手術した当日にインプラントに荷重をかけること)により、インプラント手術をした日に仮の義歯(テンポラリーブリッジ)が装着でき、食事や審美的な不自由をかけない治療法が、長期的なエビデンスの確認により可能になりました。

以下は、50歳代男性の患者様の治療&手術例です。

初診

患者様は、歯科治療をこれまで何度も受けてきたのに、適切な歯磨きの指導や歯周病の治療を受けたことがないそうです。
このような歯肉の腫れや発赤はプラーク(細菌のかたまり)が原因で、インプラント治療前に十分な治療と清掃方法のご指導が必要です。
手術後(当日)

手術後、上顎にフルブリッジ(すべての歯―12本)。左下(向かって右下)に5本の歯が入りました。 右上の前歯にネジ穴が見えています。
もちろん、直後に歯の色のプラスチックで穴を埋めました。 帰宅してすぐに食事も可能です。

治療終了後
最終的なインプラント・ブリッジが装着されたところです。歯周治療の成果も見てください。きちんとした歯周病の治療と歯ブラシ法のご指導で、ここまで改善されました。
患者様は正当な治療を受けてこなかっただけで、体質的な問題ではないことが分かると思います。この歯周治療は、私の治療技術が優れていたということではありません。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。


切らずに、腫れにくく、痛みの少ないインプラント
手術用器具を追尾するナビゲーション手術
(リアルタイム・ナビゲーション)

上部にある赤外線カメラでインプラント時の切削ドリルを追尾するシステムです。 ミサイル追尾の軍事技術から生まれたといわれています。
 
このようなCTレントゲン写真をコンピュータに入れて、手術計画をお立てします。
実際の手術風景です。患者様だけではなく、半分はディスプレイを見ながら手術するのです。 ちょうど車のナビゲーションのイメージかもしれませんね。

リアルタイム・ナビゲーション手術は、途中で手術計画の変更にも対応できることが大きな利点です。 問題は、器材があまりにも高価で、限られた場所でしかできないことです。

コンピューター・ガイド手術 
(サージガイド(マウスピースのようなもの)を使用するタイプ)
 
同様に手術計画をCT画像上で立案します。
このような手術用ガイド(サージ・ガイド)が3次元プリンターにて
PC上の指示通りに製作され、患者様の口腔内にセットされます。
サージ・ガイドに誘導されて、手術すると、リアルタイム・ナビゲーション手術と同様に
メスで歯肉を切ったり、めくったりせずにインプラント手術が完了します。

この写真は手術直後のインプラントです。ほとんど出血も見られません。

手術後の経過写真
 
これが手術直後です。
これが手術の2日後です。すでに手術の様子が伺えないほどに治癒しています。
ブリッジが入ったところです。6本の奥歯が修復されました。
患者様はまったく痛みを感じなかったばかりか、 腫れも出血もなかったとの事です。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

古賀テクノガーデン歯科のスタッフ紹介
院長紹介


院長:古賀 剛人
科学的な根拠を持った治療を充実した技術でご提供します。“科学的な根拠のある医療”とは、Evidence Based Medicine (EBM) として現在広く世界中で受け入れられている、医療の考え方です。
私、古賀がこのことを学んだスウェーデンでは、常に臨床に“根拠”が求められていました。日本でも医療界でこのことの大切さが叫ばれています。
歯科医療は“カン”で診断して“ウデ”で治すのではなく、科学的に診断を下し、訓練を十分に積んだ“技術”で治療していかなければならないのです。
【経歴】
1986年 東京歯科大学卒業
1989年 渡米、留学
1990年 古賀テクノガーデン歯科開業
1995年 医療法人玄同会設立、理事長に就任
MIOインプラントセンター開設
1997年 スウェーデン・ウプサラ大学口腔顎顔面外科大学院留学
(頭蓋顔面インプラント専攻 主任教授 Jan M Hirsch)
1998年 同大学院卒業後、帰国

【役職】
役職 医療法人玄同会 理事長

【論文・著書】
著書 科学的根拠から学ぶインプラント外科学 −ベーシック編−
科学的根拠から学ぶインプラント外科学 −応用編−
共著 『人生の成功は歯で決まる』
共著 : 弘岡秀明 / 古賀剛人
編集員 DENTAL DIAMOND 増刊号
開業医のための失敗しないインプラント
>> 詳しい内容はこちら
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!