えーあべちゃんさんの相談

カテゴリ:セカンドオピニオン

どちらを信じれば?

 下左7番幅の歯(抜髄済み)ですが、根が折れ、少し膿が出ていて抜歯しなければなりません。今通っている歯医者では、レントゲン写真(CT?)を見て、あごの骨がしっかりしているので、1回法で26万でできますと言われました。セカンドオピニオンを求め、CTを撮り、無料で相談に乗ってくれる歯医者に行ったところ、7番の根が8番(未抜髄)の根とつながっていて周りの骨が溶け、親知らずとの間に歯周ポケットができているので、7番を抜歯した後、8番の根の治療もし、8番の根の状態が改善しない場合は抜歯し、親知らずも抜く必要があると言われました。その後、インプラントを7番、8番2本インプラントにする事になるとのことでした。現在行っている歯医者に8番の根の状況は本当に大丈夫か、7番にインプラントを入れた場合、影響を与えないかと聞いたところ問題ない。とのことでした。どちらを信じればいいのかわからなくなりました。どうするべきか、アドバイスをください。セカンドオピニオンの歯科医での費用は2回法で1本28万と言われました。自分としては1本で済ませたいのですが…

お問い合わせありがとうございます。
まず、左下7については膿が出ているわけですから抜歯即時はしないで、抜歯した後半年くらい待って抜いた穴がきれいに治癒したのを確認してからインプラントを入れるべきでしょう。
抜歯直後の膿と細菌の巣窟の中に、インプラント埋入してもうまくいくわけありません。

インプラントを検討しているのであれば下8番は7と一緒に抜いたほうがよろしいと思います。ただし、8にもインプラント埋入が必要か?という問題があります。同側上にも8番はあるのでしょうか?
有るならインプラント埋入も検討すべきですが無いならインプラント埋入する理由がありません。

以上結論として
左下7抜歯後、傷の治癒を確認してからインプラント埋入。
左下8は抜歯、そこにインプラントが必要かは左上8番が存在するか否かに依る。

と考えます。



相談を投稿する

【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて