はやともさんの相談

カテゴリ:骨再生

インプラントかブリッジか

前歯部の治療についてご相談させて下さい。20年程前に前歯が折れて差し歯にしました。(差し歯にする前から神経は抜いています)そして、3年前にその歯が歯根嚢胞になり、根幹治療を行いましたが、1年後再発しました。嚢胞がかなり大きかった為、摘出術を行いました。そして、7ヶ月後、また再発してしまった為、抜歯しかないと言われています。その後の治療ですが、インプラントにしようと思っていましたが、かなり大部分の骨がなくなっているので、インプラントだと、骨の再生を何度かしないとインプラントに出来ないと言われました。そうなると、かなりの費用がかかるし、そこまでしても絶対大丈夫とは言えないと言われました。
そうなると、ブリッジになるのですが、歯をかなり削ることに抵抗があります。あまり歯を削らないブリッジの事も聞いてみましたが、耐久性を考えると、壊れる可能性もなくはない。そうなるとまた、治療費がかかると言われています。費用をかけてもインプラントに挑戦するか、ブリッジにするか迷っています。ご意見のほど、宜しくお願い致します。

骨造成に長けたインプラント医でしたら、インプラントできる可能性がありますので、CT撮影できる歯科医院で相談されるのが良いと思います。
歯は削ってしまうと戻せないのでまずはインプラントから考えても遅くはないとおもいます。
  • はやとも(39歳 女性 主婦 )
  • 2018年03月13日16時50分
ご回答頂きましてありがとうございました。やはり、インプラントでの治療も考えたいので、近くに大学病院があるので、そちらで診てもらい、それから自分の納得いく治療を選ぼうと思います。
嚢胞を作ったところの、母骨の損傷度合いにもよりますが、
前歯のインプラントは、術者の技量が一番如実に表れます。
前歯において当院は、保険治療はしてないので、
2つの治療法の治療費が倍になることもありませんから、
術者が自信あるのなら、年齢から言ってインプラントをお勧めします。
高齢者で、時間との戦いの場合、ブリッジがいいと思います。
こんにちは
他にも いろんな先生方から 王道の治療方針を提示して
いただけると思いますので
僕ならどうするという 意見を申しますね

たとえ 大きな嚢胞があったとしても 口蓋測 つまり
内側には 残存骨が残っているものです
本来歯があったところではなく ここに インプラントを
埋入します 
そして 体の他の部分から 骨を採ってくるのではなく
人工移植材を 最大限利用して 骨の回復を図ります

自家移植骨を得るのは 需要側以上に 供給側のほうが
ダメージが大きいケースもあるからです

それに 外科処置というのは できるだけ シンプルな
処置のほうが 結果も良好な場合が多いからです
欠損歯が回復されて 左右シンメトリーな美しさを
回復するのが 理想ですが 0.5mmほど 歯冠が
長くなることぐらい 許容することにより 
安全で ダメージの少ない 処置を選択することも
ありだと 私は考えます
また
インプラントより ブリッジを選択することを すすめる
インプラント医は いません

それが インプラント医というものです
ブリッジの次に来るものは 入れ歯であり
それは 不自由を意味します
そこを回避できるのは インプラントしかないからです
ただ
臼歯部が崩壊していたり 全体にわたり歯周病がすすんで
いる場合は例外です 
こんにちは。文面から判断させていただきます。歯の欠損部に高度な骨吸収が認められると思います。仮に骨の増生術を行ったとしても、将来、骨が吸収してインプラントが脱落する危険性もあります。結論から申し上げまして、私ならブリッジもしくは義歯を勧めます。
ご相談ありがとうございます。
前歯部インプラント治療についてのご質問ですね。

確かに、前歯部インプラントは審美性が重要視されます。
そのため喪失した骨を再生してインプラント手術をする必要があります。
現在では、大きな骨再生術でも成功するようになってきています。
まず担当医にもう一度、骨再生してインプラントができないのかご相談され、もしあまり自信が持てないと言われるなら、セカンドオピニオンとして、インプラントに特化した歯科医に意見を聞かれても良いと思います。
  • はやとも(39歳 女性 主婦 )
  • 2018年03月14日15時42分
この度は、たくさんの先生方にご回答頂きまして、ありがとうございました。どの先生のご意見もとても参考になりました。本日、通院している先生にCT撮影した上で再度ご相談したところ、トンネルのように穴が空いてしまっているとの事でした。インプラントに特化した有名な先生が知り合いにいるとの事で紹介してもらえる事になりましたので、一度そちらで診てもらう事にしました。本当にありがとうございました。
保存不能になっているので、まず抜歯を行います。そして、骨の回復をまって治療方針を決めます。今悩みすぎてもと思われます。
欠損しているのは1歯でしょうか? 1歯で両隣在歯が存在する場合は、骨移植や骨造成を行えば、埋入可能になると思います。
骨移植や骨造成が成功すれば、既存の骨と同様に長期間機能します。
「絶対大丈夫とは言えない」というのは消極的な意見なので、抜歯後に再度検討されてください。
長く持たせたいなら、インプラントだと思います。歯を設計上削る行為はあとあとのことを考えたらお勧めできません。



相談を投稿する

【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて