けいさんの相談

カテゴリ:オールオン4

オールオン4について

現在、左上4本歯がない状態。右奥2本インプラント。前歯4本連結差し歯です。
右奥のインプラントと前歯4本に負担がかかってしまってるせいか前歯のぐらつきが日に日に増して食事が怖いです。治療はしていますが、歯科がこんでいるため1ヶ月に一度の治療です。このままでは前歯も外れて食事ができない状態に。
治療期間が短いオールオン4にしたいのですが、他に何かよい方法があれば教えていただきたいです。

けいさん

大変なご様子で、さぞご不安なことでしょう。
早速ですがご質問にお答えいたします。

お口の中の状況が、実際に何本ご自身の歯が残っていて、どういう配置なのか、その歯の状態がどうなのか正確に把握できておりませんが、1ヶ月に一度の治療ペースで済むような軽症でないことは間違いありませんし、緊急を要することだと思われます。

前歯4本連結差し歯がぐらついているのは非常に危険な状況です。

けいさんは治療期間の短いオールオン4を希望されているようですが、本当にその選択がベストかどうかは、しっかり診査・診断しなければなりません。
できればご自身の歯は抜歯せず残したいところです。
ただ、もし前歯が抜歯しなければならない状態だとしたら大がかりなインプラント治療は避けられないかもしれません。
現在は条件さえ整えば治療期間も比較的短いインプラント製品もあるのも事実です。
したがって、オールオン4でなければ治療ができないというわけではありませんが、けいさんの現状によってはオールオン4の選択がベストかもしれません。

いずれにしても、早急に診査・診断し、けいさんが何を優先したいのか、逆に何を避けたいのかを治療計画に反映させていけば、ご納得のいく選択ができると思います。
けいさん

こんにちは、浦安ブランDC 菊地です。
前歯がぐらついていては、とても不安ですね。
けいさんの考えている通り、前歯に負担がかかっている可能性は充分に考えられます、また今のままですと右奥のインプラントにもかなりの負荷がかかっているのではないでしょうか?
All 0n 4は一般的に無歯顎の場合に行う治療です。
ただ、昨今上顎に関しては骨が下顎にくらべ柔らかいのでAll on 6が主流になりつつあります。
それ以外の方法としては、部分入れ歯が考えられます。
ただ、下顎の歯の状態にもよりますので一度診査してみてはいかがでしょうか?

理事長 菊地康司
初めまして、
峯デンタルクリニックの木島です。

前歯が4本、右上は2本インプラントということで歯の数が足りないように思いますが、全体像がわかると、もう少し具体的にアドバイスできるように思います。

1か月に一度のアポイントでは少し不安ですね、インプラントを含むような、保険外治療の場合、担当の先生とご相談されるとよいかと思います。トータルで治療してくださる先生であれば、アポイントの調整もしていただけるはずです。

患者様がみな考えることのようですが、歯科治療は建築と同じで、しかも相手が人間ですので、治療期間を早くすませたい気持ちは理解していますが、治療期間で治療方法を決めるのはお勧めしません。
また昨今、オールオン4は、一部では懐疑的に考えられています。
オールオン6、オールオン8、グラフとレスというような考え方がメインになってきてるようにを言われています。

担当の先生とよくご相談ください。

ご返事が遅くなりました。
上顎のほぼすべての歯がダメだという前提での話であっても、All-on-4がいつも最適の治療方法とは限りません。Aoo-on-4は、便利な治療法ですが、必ずしも、すべての患者さんに適しているとは限りません。
特に2本のインプラントが先だって植立されている方は配置上、合計で4本以上にならざるを得ない、もう少し追加のインプラント本数が必要になることもあります。
文面から察するに、奥に2本分のインプラント補綴がなされているようですが、まずは、残存する天然歯の保存を考え、治療を進めることが大切だという印象を受けました。
信頼できる歯科医院でご多忙な事情なども相談され、自分の歯を大切に保存して使う、現在の状況に適した対処をされることが重要だと考えます。
もちろん、すべての歯を抜くしかない状況も有りますので、推測でお答えをしたことをご了承くださいませ。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除
【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて