ヨーコさんの相談

カテゴリ:その他

総入れ歯からインプラントにしたい

8年前から上は金属床義歯で下は4本の磁石で固定する義歯ですが、骨の質も量も心配がありながらも、諦めずに上下ともにインプラントにしたいと強く願っております。
骨の状態によって…と言われると思いながらも、金額面を除けばインプラントは可能でしょうか。

ご質問の内容は、骨の質や量が十分でなくてもインプラントを用いた固定式の義歯が可能かどうか、ということですね。
結論を先に言うと可能です。
ただ、骨の量と質が不十分であれば、インプラントに必要な骨を増骨する必要があります。そのためにオールオン4のようにインプラントの手術と同時に固定式の仮歯を入れるとかは難しいです。
そこそこ条件が良ければ、インプラントの手術と同時の増骨が可能ですが、それでも手術から4か月程度は待時して義歯を作成する必要があります。また上顎であれば8本程度のインプラントが必要となりますので、それを増骨とすべて同時に手術は難しいので、数回に分けての手術となるのが普通です。
ですから本当に骨が無ければ、1年がかりの治療になることが予想されますが、それらの課題を乗り越えてでも治療がうまくいったときの固定式の義歯の満足度は高いと思います。
インプラントはかなり治療方法が多様化しておりますので、可能性はあると思います。ただ、可能かどうかは、CTや全身状態(外科治療が禁止させている方も、内臓疾患などによっておられます)によって判断できませんので、インプラントの経験豊かな先生へ相談されるのがよいかと思います。
全身状態が良い患者さんは、骨がなくてもインプラントが可能になります。
(有病者や喫煙者の場合は、難易度の高いインプラントは無理になります。)

骨がわずかに残っているところに、傾斜させてインプラントを埋入することもできますし、骨が全くなければ、骨を造って埋入すればいいのです。

55歳の女性に、取り外しの入れ歯は受け入れがたいと思います。

インプラント手術は術者の技量が成功の鍵を握っているので、良い先生を選んで治療を受けてください。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除
【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて