インプラント治療の欠点

インプラント治療の欠点とは

インプラント治療については、見た目が良くなる、自分の元の歯のように噛めるといったメリットを想像される方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、インプラント治療は、あごの骨を削って金属のネジ(インプラント)を埋め込む外科手術であるが故に様々な欠点もあります。
インプラント治療のメリットだけではなく、欠点もちゃんと把握したうえで治療を始めましょう。

治療期間が長い

治療期間が長い

症例等によって差があります

あごの骨に穴をあけて人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せるため、歯根が骨に接着するまでに3ケ月〜6ケ月程度の治癒期間を要します。また、インプラントを埋め込む骨の厚みを増やす手術を行う場合、さらに期間を要することになります。

入れ歯やブリッジに比べて、治療期間が長くなってしまうのはインプラント治療の一つの欠点だと言えます。

治療費用が高額になる場合があります

治療費用が高額になる場合があります

医院によって価格設定がさまざま

インプラント治療はほとんどが保険が効かない自由診療のため、医院によってその額はさまざまです。
検査費、手術費、人工の歯の費用等、すべて自己負担になってしまう他、使用する材料によって費用が大きく異なってきます。
医院によって治療費用に差があり、健康保険で行うこともできる他の方法と比べて割高になってしまうことも、一つの懸念材料といえると思います。

手術を伴います

手術を伴います

成功率は100%ではありません

インプラント治療は外科手術を伴いますので、成功率は100%ではありません。また、手術により今までは何の問題もなかった神経や血管などにも手を加えることになりますので、何かしらの障害が発生する可能性があることも認識しておかなければなりません。

インプラント治療には手術は不回避であることも欠点の一つだと思います。
なお、術後すぐには違和感があったり、痛み、腫れ、出血などが発生する場合がありますが、これらの症状の多くについては一時的なもので、多くの場合2〜3日で治まります。

手術に注意が必要な場合があります

手術に注意が必要な場合があります

手術を受けるのが困難な方がいらっしゃいます

インプラントを埋め込んだ部分は骨の成長が妨げられるため、成長過程にある方はインプラント治療ができません。また、免疫力や抵抗力が低下しやすく、歯周病の発生リスクの高い糖尿病の方、口腔内の衛生状態の悪い方や、あごの骨が足りない方、喫煙者の方は、 事前に生活習慣の改善をしたり、医科の診療を受け、症状をコントロールしておく必要があります。

メインテナンスをし続けなければいけません

メインテナンスをし続けなければいけません

定期検診が必要になります

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが、日ごろから丁寧なメインテナンスが必要となります。
人工の歯根を埋め込む場所は、ご自身の歯科組織のため、口の中の衛生状態が悪いと、そこから歯周病菌が繁殖し「インプラント周囲炎」という病気にかかる可能性があります。
インプラントの機能をより長く維持するために、定期検診が必要となります。 

インプラント治療のメリット

このように、インプラント治療には、欠点とも言える部分もありますが、それを補うほどのメリットも沢山あります。
インプラント治療には、元の健康な時の歯に近づけられるだけではなく、入れ歯のように噛む力が健康な状態に比べて30〜40%程度に落ちたり、 固定するためにたとえ健康な歯でも、ブリッジを入れるために両隣の歯を削る必要がありません。

また、適切なメインテナンスを行うことで、半永久的にきれいな状態で使い続けることができます。
なお、インプラント治療では、天然歯のようにあごの骨に固定するため、違和感なく噛むことができます。
よく噛めることは、脳の活性化や消化吸収を助けるだけでなく、顔の引き締めにも繋がり、全身によい影響を与えます。
ぜひインプラント治療の欠点と利点を理解した上で、どのような治療を受けたいかをきちんと考え、治療法を選択されることをおすすめいたします。
インプラント治療にご興味がある方は、まずはお近くの歯科医院へご相談ください。


タグ:
デメリット