インプラントと歯周病治療、どちらが先?

インプラントと歯周病治療

歯周病の方がインプラント治療を行う場合、歯周病の治療を行ってから、インプラント治療を行うのか、インプラント治療を行ってから歯周病の治療を行うのか、どのような順序で治療を行うのが一般的なのでしょうか。歯周病の原因となる歯周病菌がインプラントに与える影響なども踏まえながらご紹介します。

インプラントと歯周病治療、どちらが先?

まず、歯周病の治療が優先されます。歯周病は、限られた歯だけに発生することは少なく、複数の歯に現れる特徴があります。インプラント治療以外の部分にも起こっていることが多いため、治しておくことが必要です。

インプラント治療前に歯周病の治療が必要な理由

歯周病菌がインプラントに与える影響

歯周病は天然歯(自分の歯)とそれを支える周りの組織に起こる炎症ですが、インプラントにも同じような炎症(インプラント周囲粘膜炎インプラント周囲炎など)がみられることがあり、これらは主に歯周病原細菌が関与しています。歯周病の方は、お口の中にその細菌が増殖しており、そのままの状態でインプラント治療を行うと、インプラント周囲炎を引き起こすといわれています。

また、インプラント治療の隣の歯が歯周病の場合、インプラント部分に短期間で歯周病原細菌が感染するといわれており、周りの歯においても歯周病治療が必要だといわれています。このようなことから、インプラントを埋め入れる手術の前に、お口全体の歯周病治療を行って歯周病原細菌を可能な限り減らす傾向にあります。

    <歯周病治療では、次のようなことが主に行われます。>
  • 歯石や歯垢の除去や、歯周ポケット(インプラントと歯茎の間の溝)の洗浄
  • ブラッシング方法や食生活についての指導
  • 歯の汚れが溜まりやすい詰め物や被せ物の治療
【豆知識】
日本歯周病学会(日本の歯周病に関わる調査や研究などを行っている学術団体)は、「歯周病患者におけるインプラント治療の指針」の中で、上記のような理由から歯周病原細菌が減ったことを確認したうえで、インプラント治療を開始することを提唱しています。また、歯周病は生活習慣病の一つで再発しやすい傾向にあるため、歯周病だった方がインプラント治療を受けられた場合は、治療後も定期的に細菌検査を行うことを歯科医師に奨励しています。

軽度の場合、同時進行で進めることもあります

インプラントを埋め入れる手術までに、お口全体の歯周病が治る、または、症状が安定すると見込んだ場合に、インプラント治療の準備と並行することもあるようです。

歯周病原細菌は、歯やインプラントの周囲の組織を破壊するだけでなく、病気の発症や進行のリスク因子になるといわれています。歯周病と診断された方は、適切な治療を受けて、治療後は悪化させないように予防に努めましょう。



タグ:
歯周病

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材