歯科医院と大学病院で受けるインプラント治療の違い

インプラント治療を受けたい、再治療を新たな施設で受けたいとお考えの方へ

インプラント治療をご近所や職場近くにある歯科医院(以下、開業医)で受ければいいのか、大学病院で受ければいいのか迷うことはないでしょうか。ここでは、治療を受ける場所によって、どのような違いがあるのかについて簡単にご紹介します。

開業医での治療を選択する際のポイント

時間に制約のある方、早く治療を進めたい方は、開業医で治療を受けることを検討されるとよいでしょう。施設によっては、夜の遅い時間や、日曜・祝日など、幅広い時間帯で診療しているので、大学病院よりも予約が取りやすいことが考えられます。

>>夜間診療を行っているインプラント歯科医院はこちらから
>>休日診療を行っているインプラント歯科医院はこちらから

お口の中の調整や清掃また、インプラントを長持ちさせるポイントの一つとして、お口の中の調整や清掃をしてもらうこと、ブラッシングや食生活の指導を受けることなどが挙げられ、インプラント治療後も定期的な通院が必要となります。大学病院に比べ、開業医であれば、自分の生活スタイルに合うところが見つけやすいといえます。

大学病院での治療を選択する際のポイント

重い全身疾患のある方

重い全身疾患のある方、骨が薄く大幅な骨を造る手術が必要な方は、設備や機器が整い、他の診療科(内科など)が併設している大学病院で治療を受けることを検討されるとよいでしょう。

病気や事故などにより顎の骨を1/3以上失ってしまった方は、保険適用の「インプント義歯治療」が受けられることもあります。この治療が行える施設基準として、入院用のベッドが20床以上ある病院の歯科で、一定の治療経験を有する歯科医師がいるなどの条件があり、大学病院がこれを満たしている傾向にあります。

研究や教育のための機関大学病院は研究や教育を行う場所でもあります。研究や教育のために任意で協力を求めてきたり、指導医の元で研修医が治療に携わったりすることもあります。また、歯型取りやお口の中の写真を定期的に撮影し、開業医よりも経過の記録を細かく採る傾向にあるようです。これを、丁寧な治療が受けられると感じる方は、大学病院での治療が負担にならないことが考えられますが、研究・教育の治療対象となることが嫌な方は、治療を始める前によくご検討・ご相談された方がよいでしょう。

治療技術については、開業医と大学病院、経験の長短などで評価することはできません。治療を受ける歯科医師、または施設に信頼がおけるかどうかが歯科医師・施設選びのポイントです。

予約方法の比較

■開業医
初診でも再診でも電話予約が可能です。歯科医院によってはインターネット予約できるところもありますので、ホームページを確認してみましょう。

■大学病院
<初診で開業医から紹介状がある場合>
開業医が患者様の受診希望日を聞き、大学病院と調整して予約日を決めるところもあれば、患者様自身で電話予約をするところ、初診は予約制ではないので直接来院するところなどがあります。

<初診で紹介状がない場合>
電話予約ができるところもあれば、初診は予約制ではないので直接来院するところなどがあります。

<再診>
電話予約が可能です。

設備の比較

■開業医
施設によって大きく異なります。【例】 インプラント手術用の部屋、歯科用CTなどの有無

■大学病院
設備や機器が充実している傾向にあります。

治療費の比較

■開業医
インプラント1本あたり全国の平均で30〜40万円、首都圏や都市部では約35〜45万円

■大学病院
インプラント1本あたり30〜40万円
※保険適用の治療費は、失った顎の状態によって異なりますので、直接ご確認ください。

大学病院でインプラント治療を受ける場合の注意点(開業医とは違う点)

紹介状が無い場合、初診時に治療費以外に「保険外併用療養費(選定療養)」として3,150円〜5,250円の負担が必要となります。



タグ:
比較

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材