歯科用CT

歯科用CTとは何ですか?

CT(Computed Tomography)は、X線とコンピューターを使って、検査を行いたい場所を撮影し、輪切りの断層画像として、観察・診断する装置・技術のことをいいます。

平面単位の情報しか得ることができない、歯科用レントゲンとは異なり、歯科用CTは口腔内を3D画像で表示できるので、患者様に分かりやすく説明できる画像診断法の一つです。


>>歯科用CT・レントゲンによる被ばく量

歯科用CT
▲歯科用CT

歯科治療におけるCT撮影の必要性

より安全にインプラント治療を行うためには、治療する歯の周りの骨の状態を知ることが大切です。
CT画像は、顎の骨の立体的な形態や、神経の位置を把握するほか、骨密度の診査などにも利用されます。治療を行う前だけではなく、治療終了後にも撮影を行うことで、インプラントが入る前と入った後の顎の骨の状態を確認することが可能です。

歯科治療のCT診断内容

どのような診断に適しているか?
  • インプラントの術前検査、インプラントを埋め入れる位置の確認と術後の評価
  • 抜歯の有無の客観的判断
  • 歯周病診断
  • 親知らずを抜く前の診断(埋伏歯の状態確認など)
  • 矯正歯科治療前の診断

歯科医院に設置するメリット

CTを設置している歯科医院では、セッティングから撮影まで短時間で完了するため、撮影後のカウンセリングでは、患者様を長時間お待たせすることなく検査結果を伝えることができます。治療計画を立てる上で、お口の状態をCT画像として残しておくことは重要なことです。院内に歯科用CTを設置していない場合は、CTのある大学病院やお近くの歯科医院で撮影することが多いでしょう。


タグ:
CTレントゲンX線診査診断

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材