前歯のインプラント症例

前歯の欠損をインプラントで治療する

前歯の欠損にも様々なケースがあります。あなたと似たような症例はあるでしょうか?
CASE1 ブリッジからインプラントへ

治 療 前

治 療 後
前歯の欠損をブリッジ治療(欠損した歯の両隣りの歯を削って土台とし、連結した被せ物をする治療)していたが、土台となっていた歯が折れてしまったケース。
インプラントで治療することにより、審美性の優れた口元を手に入れました。
【患者様の声】
「前歯のブリッジが折れてしまい、どうしようかと思いました。きれいに直して頂いてうれしいです。手術はやっぱり怖かったですが、今となっては、頑張って良かったです。後は歯を悪くしないようにメインテナンスに通います。」
Y.T様 55歳・女性

CASE2 折れた歯をインプラントで治療

治 療 前

治 療 後
前歯が折れてしまった方のケースです。抜歯をしてインプラントを入れる治療法を選択されました。
【患者様の声】
「前歯が折れてしまい、あせりました。隣の歯を削りたくなかったので、インプラントを選びました。手術は大丈夫でした。結果には満足しています。」
T様 35歳・男性

CASE3 差し歯からインプラントへ

治 療 前

治 療 後
差し歯をしている部分が炎症を起こしています。抜歯をしてインプラントを入れる治療法を選択されました。
【患者様の声】
「歯を失った時は、がっかりしました。丁寧な説明があり、不安なく手術に臨めました。実際痛みもなく、出血もすぐに止まりました。差し歯が気に入ってなかったので、きれいになって本当に良かったです。これからは、歯を大事にしようと思います。」
S様 49歳・男性



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材