奥歯のインプラント症例

奥歯の欠損をインプラントで治療する

奥歯の欠損にも様々なケースがあります。あなたと似たような症例はあるでしょうか?
CASE1 奥歯1本の欠損をインプラントで治療

治 療 前

治 療 後
右の奥から2番目の歯が虫歯の進行が著しく、抜歯を余儀なくされている状態でした。抜歯後、思い切ってインプラントで治療されました。
【患者様の声】
「ずっと歯が悪くてあきらめていましたが、こんなにきれいに良くなるとは思いませんでした。インプラントも全く痛くなく、30分くらいで終わってしまいました。食事もおいしく食べれて、とっても快適です。」
T様、45歳、男性

CASE2 奥歯2本の欠損をインプラントで治療


治 療 前

治 療 後
奥歯を2本失ってしまった方のケースです。食事に不便を感じ、インプラント治療を選択されました。
【患者様の声】
「奥歯が2本なくなり食事に本当に不便を感じていました。丁寧に説明して下さり、安心して手術を受けれました。手術中も痛みがなく、術後の腫れもほとんどありませんでした。すぐに自分の歯のように咬むことができました。」
O様 71歳・男性
CASE3 奥歯への抜歯即時インプラント

治 療 前

治 療 後
残せなくなってしまった歯を抜歯し、その日のうちにインプラントを埋め込む抜歯即時埋入法で治療しました。(従来、抜歯とインプラント手術は分けて行うことが一般的でした。)この方法は、再度患者様の歯肉を切開する必要がなく、患者様への負担を抑えられます。
【患者様の声】
「歯がなくなった時ショックで、改めて歯の重要性を思い知りました。もう、他の歯を犠牲にしたくないので迷わずインプラントを選択しました。カウンセリング で安心して手術に臨めました。術後は少し腫れがあり、時間がかかりました。現在は安心して食事ができ、おいしさをより感じることができています。」
K様 35歳・男性
CASE4 入れ歯とブリッジからインプラント

治 療 前

治 療 後
左右両方の奥歯を失い、入れ歯とブリッジで治療していましたが、どうしても入れ歯の使用感に不都合を感じ、インプラント治療することを決意されました。
【患者様の声】
「どうしても入れ歯はめんどうで、咬みづらかったのですが、インプラントにして両方の歯で食事ができます。時間をかけて全体の治療をして、良かったと思います。」
K様 43歳・女性

タグ: