手術出来ない場合 禁忌症(富山県 42歳 女性 会社員のQ &A)

カテゴリ:手術出来ない場合 禁忌症

左側正面の前歯を数年前に1本失って、その際に両隣の歯とブリッジをかけていて、このブリッジがダメになった場合、次回はブリッジを架ける範囲を広げる事になると言われましたが、他の歯は削りたくないのでインプラントにしたいのですが…?
左側正面の前歯を数年前に1本失って(原因は虫歯です)、その際に両隣の歯(前歯4本の内3本)とブリッジをかけています。このブリッジがダメになったりした場合、次回はブリッジを架ける範囲を広げる(歯の本数を増やす)事になると言われました。年数がたったこともあり、最近少し不安です。これ以上、他の歯を削りたくはありません。
  しかし、歯並びが右の犬歯の隣の歯(右正面の前歯と犬歯の間の歯)が下顎より内側に入っていることもあり、このような状態でもインプラントの対象となるものでしょうか?歯列の矯正をしてからでないとインプラントができないということはありますか?お教え下さい。
歯の名称など、専門用語がわからず、わかりにくい表現となりましたがよろしくお願いします。

[富山県 42歳 女性 会社員]

手術出来ない場合 禁忌症

ご相談拝見しました。
このケースでも、歯槽骨の状況がよければインプラントは可能と考えますが、審美的に良くするには、矯正治療を施しインプラントにする方法も選択肢の中に考えることができると思います。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です