(青森県 40歳 女性 会社員のQ &A)

カテゴリ:

骨量がなく骨移植をしてからインプラントをするので、歯ができるまで1年かかると言われました。インプラント治療では良くある事なのでしょうか?
ブリッチをしていましたが支えの歯がだめになり、インプラントを勧められましたが、骨量がなく骨移植をしてからとの事でした.移植ということに、恐怖感があります.歯が出来るまで一年。インプラント治療ではよくある事なのでしようか?
治療計画には上顎洞拳上手術(材料)人工骨 BPCT+PRPと書かれています.主治医は、私がためらっていると、移植しないと出来ないよ、どうするの?とあっさりというだけで、忙しそうであまり質問も出来ません.人工骨の材料についても、不安があります.詳しくおしえて頂きたいのですが。

[青森県 40歳 女性 会社員]

上顎の骨のないときはサイナスリフト、ソケットリフトという治療法が一般的です。このときは人工骨補填材を使いますが、β-TCPとPRPを使用するということですが問題はありません。なぜなら、からだにとって副作用がありません。β-TCPは人工的に作ったもので他人のではないのでエイズ、肝炎の心配がありません。そしてPRPは自分の血液から採取するのでこれも問題ないようです。治療法としては一般的です。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です