(東京都 35歳 女性 OLのQ &A)

カテゴリ:

咬み合わせが原因と思われる肩こりに悩んでいます。
8ヶ月前から治療を受けていましたが、咬み合わせが原因と思われる肩こりに悩んでいます。
治療中は仮歯で過ごしていましたが、右下4番クラウン、5番インプラント、6番インレーの三箇所を、同時に3日前に最終的に接着しました。
きちんとした歯が入れば改善されると期待していましたが、特に咬み合わせに違和感は無いものの症状は変わりません。
咬合調整で改善されない場合の対処はどんな事が考えられますか?
赤い紙で高さを診る以外に咬合を確認する方法はありますか?
肩こりのつらさに、最悪はこれらの補綴物を外して、咬み合わせを治すことも有り得ると思っています。接着されたインプラントの上部構造のみを外して、作り直す事は可能ですか?

[東京都 35歳 女性 OL]

確かに噛み合わせのズレから肩こりが生じることはあります。
実際に診た訳ではないので原因が噛み合わせかはわかりませんが、一般的な治療方法について説明します。
まずは正しい噛み合わせを調べるために夜寝ている時に装着するマウスピースを入れます。それによって左右の正しい高さを確認することができます。また、筋肉の緊張をほぐすため、肩(場合によってはあご)に弱い電流を流します(整骨院などで行うものです)。この方法によって肩こりは落ち着いてくるケースが多いです。ただし、1年近く噛み合わせが狂っていると、そのズレによる肩こりの治療も少し時間がかかるかもしれません。
また、赤い咬合紙の他にはガムタイプやワックスタイプのものがあり、それらの方が繊細なチェックをすることができます。
上部構造については、どのような固定をしているかわかりませんが、ほとんどのケースで外してやり直すことはできます。
噛み合わせの相談を受け付けている歯科医院もありますので、相談してもいいかもしれませんね。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です