(千葉県 41歳 男性 会社員のQ &A)

カテゴリ:

2ヶ月程前に右上の前歯のインプラント手術を行い、手術後直後から歯根の1cm程度上の部分に金属の色が透けていたのですが、しばらくするとその部分の歯茎に小さな穴が開き、金属が露出するようになりました。その後、歯茎の簡単な手術を受け、抜糸した際には穴がふさがっていたのですが、数日すると再度金属が露出してしまいました。主治医が信用できません。
2ヶ月程前に右上の前歯のインプラント手術を行いました。手術後直後から歯根の1cm程度上の部分に金属の色が透けていたのですが、しばらくするとその部分の歯茎に小さな穴が開き、金属が露出するようになりました。主治医に相談したところ、しばしば起こることで、歯茎の手術で簡単に治りますからと言われました。その後、歯茎の簡単な手術を受け、抜糸した際には穴がふさがっていたのですが、数日すると再度金属が露出してしまいました。最初の埋め込みの手術の際にインプラントの位置あるいは角度に誤りがあったのではないかと危惧しています。歯茎の手術も失敗した以上、主治医が信用できません。私の歯茎の穴はふさぐことができるのでしょうか?医療過誤に強い弁護士にも相談してみようと思います。

[千葉県 41歳 男性 会社員]

抜いた所の骨が薄く(もしくは無く)、インプラントの金属部分が露出していると考えられます。通常の歯のあった場所にインプラントを埋め込むと、そのようなことが起こることがよくあります。最近ではそれを見越してやや内側に深く埋め込むことが多いのですが、そのような埋め方をしている先生は数をこなした経験の多い先生位しかいないとおもわれます。実際に見たわけではないのでなんとも言えませんが、その程度ならば十分にリカバリーはできる可能性があります(歯肉移植や骨増成等で)。処置をした主治医を信用できないのであれば、他のインプラントを行っている歯科医院のセカンドオピニオンを求めてもよいかとおもわれます。
また、このケースを医療過誤にすることは難しいかとおもわれます。主治医とじっくり相談して、なるべく円満に(手術費用の一部返金等)解決された方がよいですね。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です