手術について 治療後のトラブル(京都府 40歳 女性 会社員のQ &A)

カテゴリ:手術について 治療後のトラブル

インプラント手術後、インプラントが浮いてきたため、撤去しました。
上前歯4本が差し歯でしたが、はじの1本がグラグラしはじめ2ヶ月後に取れました。歯科医院へ行くと部分入れ歯、ブリッジ、インプラントの選択があると聞き、インプラントを選択、手術を行いました。近所の歯医者さんでしたので、手術は大丈夫なのか心配だったのですが、歯を抜いた場所にインプラントを埋めるだけで難しい症例ではないこと、レントゲンで骨も確認できているとのことだったのでお願いしました。が、手術中に前側の骨が減っているとのことでそこに合わせて周りを削り、歯茎が他の歯に比べてかなりあがった状態で手術を終わりました。グラグラしてから取れる間に骨が減ったのではとのことでした。2週間後に抜糸しましたが、そのあとインプラントが見えるようになり、翌週レントゲンで確認すると埋めた箇所から3mmほど浮いていました。さらに翌週に一回り太くて長いインプラント埋め込みの手術を行うことになり、今度は浮いてこないように抜糸まで時間をおくとの説明でしたが、浮いた原因は不明とのことでした。
その手術が今日だったのですが、手術を開始してしばらくすると前側の骨がこの前より減っていて、このままではインプラントできないとのことで、元のインプラントを抜いて手術は中止になりブリッジを進められました。残りの差し歯3本は一体型のもので、先生いわく、その3本をはずし、4本の歯を作るとのことなんですが、突然のことだったので他に方法がないのか質問させてもらっています。
骨の再生には何年もかかかるのでそれまではインプラントはしないほうがよいとのお話なんですが、本当に方法はないのでしょうか。
先生自身は口腔外科の領域のような知識は持っていないし、うちではできないとのことでした。口腔外科へ行けば何か方法があるのなら、そうしたいと思っています。インプラントを選択したのは、使い勝手もそうですが、見た目が今までと変わらないというのが大きかったからです。今は両側の歯に仮歯つけてありますが、歯茎はあがったままで大きな口はあけられません。何か良い方法があれば教えて下さい。

[京都府 40歳 女性 会社員]

手術について 治療後のトラブル

初めまして。東京日本橋インプラントセンター所長の玉木です。結果的に施術歯科医の診断不足、技術不足等、もしくは何らかの不足での経過不良と取られても仕方ないように思いますが、それはともかく、記載によると、再度インプラントを行うのは、骨移植等を行える症例数の多い歯科医でないと対処し難いと思います。そういう歯科医院(インプラントセンター)での再手術をお勧めします。大学病院はあまりお勧めしません。大きな骨欠損ですと、下顎骨もしくは腸骨(腰骨)自家骨移植を勧められる可能性が大だからです。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です