インプラントを長く使う アフターケア(埼玉県 32歳 女性 会社員のQ &A)

カテゴリ:インプラントを長く使う アフターケア

上の犬歯両側二本の永久歯がもともとありません。
何とか乳歯で頑張ってますが、数年前からインプラントを検討しており、歯科医を探しているところです。
ただ、今年の6月から結婚の為フランスに移住するので、日本でのアフターケアができません。
こんにちは。
上の犬歯両側二本の永久歯がもともとありません。
(歯科医からは、わりと多い症例だと聞きました)
何とか乳歯で頑張ってますが、数年前からインプラントを検討しており、歯科医を探しているところです。

ただ、今年の6月から結婚の為フランスに移住するので、日本でのアフターケアができません。
言葉が充分に通じる日本で手術をしていこうと思っていたのですが、後々の事を考えると向こうで治療する方がいいのかなとも思いました。

そこで、フランスでのインプラント状況について、ご存知の方がいらっしゃたら教えていただけませんか?
もっと早めに治療を始められたら良かったのですが、昨年フランスから帰国して、バタバタしていたらこんな時期になってしまいました。。。

[埼玉県 32歳 女性 会社員]

インプラントを長く使う アフターケア

まにゅるさんこんにちは。上顎両側犬歯の先天性欠損によるインプラント治療ですね。最初に理解していただきたいのは上顎両側犬歯はかみ合わせに対して重要な歯ということです。きちんとした診査と診断が必要となります。診査に関しましてはインプラント専門医と補綴医の連携の診断が良いと思います。インプラント治療は術後のメンテナンスが重要ですのでフランスでの治療が良いと思います。インプラント治療の概念はフランス、日本とも変わりませんのでフランスでの歯科の情報収集をしてみてください。参考までにフランスではDr.Frnck Renouardという先生が有名です。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です