手術について 審査と診断(千葉県 40歳 男性 会社員のQ &A)

カテゴリ:手術について 審査と診断

骨の量が足りないときの治療法は何が良いですか?
 まず私の今の歯の状態ですが 上の歯が親不知が二本と今にも抜けてしまいそうな歯が一本のみしかありません。下の歯は自分の歯が九本で、あとは抜けたままになってます。下の前歯、二本もグラグラで今にも抜けてしまいそうです。実際に以前グラグラしていた歯は自分で触っているうちに抜けてしまった(四本も)始末で食事もろくにできない状態です。今、インプラントの治療をしていますが一本は成功しましたが二度目の二本一度に手術したインプラントは二週間後には、もとから取れてしまいました。インプラントの相談をした時に骨の量が足りないと言われていましたが、どうにか出来ると言われたので手術をしましたが結果は失敗とハッキリ言われました。その後、歯茎が回復するまで二ヶ月待ち、再手術をするという事でしたが、
「やはり、骨の量が足りないので今はインプラントの手術は無理ですがミニインプラントで義歯をとめる方法なら出来ますが・・・」
と言われました。私は入れ歯が嫌で(自分に合わなかったので)インプラントの相談をし治療を始めたのですが一年経っても良い結果は望めずダラダラと通院しているだけなので何かいい方法があれば教えて下さい。
長文で済みません。宜しくお願いします。

[千葉県 40歳 男性 会社員]

手術について 審査と診断

確定的な診断につきましては、実際にお口の状態を診てからではないとできかねます。
レントゲン像や口腔内写真、そしてご相談のような症例の場合は
当院ではCT撮影とコンピュータシミュレーションを行います。

参考になるかどうか解りませんが、
骨造成を行わず手術当日にフルブリッジを固定して噛めるようになる
「All-on-4」という治療法がありますが、当院では、骨量が不足している
患者さんの場合でも上顎で約80%、下顎で約99%の患者さんに適応となっています。
今回の患者さんのように骨量が不足していて早期機能回復を求めて
いる方には最適なインプラント治療法の一つです。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です