インプラントを長く使う アフターケア(神奈川県 55歳 男性 会社員のQ &A)

カテゴリ:インプラントを長く使う アフターケア

バンコクに赴任中の主人の代理として相談させて下さい。現地の医師にインプラントにするか、下奥歯から3本を部分入歯にすると言われています。海外でインプラントにした場合アフターケアーは日本ではどのようになるのでしょうか?また提携している歯科医師はいるのでしょうか?現地で治療した場合の注意点を教えてください。
現在バンコクに赴任中の主人より相談されましたが身近に経験者がいないのでよろしくお願いします。任期はあと1年あります。

下の奥歯を現地の医師に診てもらったところインプラントにするか奥から3本を部分入歯にするかと言われました。
バンコクでインプラントにした場合アフターケアーは日本ではどのようになるのでしょうか?また提携している歯科医師はいるのでしょうか?現地で治療した場合の注意点を教えてください。

[神奈川県 55歳 男性 会社員]

インプラントを長く使う アフターケア

バンコクでインプラントを行ったとしても、日本でのメインテナンスは可能です。
しかし、いくつかの注意点があります。
まず、インプラントの使用メーカーです。
インプラントの被せ物は破損したり等のトラブルが起こった場合、日本で再治療する可能性もあります。
こうした場合、使用されているインプラントメーカーが日本では取り扱っていない場合には、再治療が難しくなることもあります。
また、提携している歯科医院があるかと言うご質問ですが、
これは、現在通院されているバンコクの歯科医師に聞いてみるしか方法はありません。
もしかしたら、日本支店のような歯科医院があるかもしれませんが、一般的には考えにくいことです。
また、通常インプラント等の自費診療の場合には、保証制度があります。
バンコクの歯科医院で起こった場合には、日本でトラブルが起こった場合で日本で再治療を行っても治療費が後から全額返金になるようなことはありません。ただし、日本で提携歯科医院があれば別です。もし、バンコクで治療をされる場合には、保証の話しや、日本でトラブルが起こった場合の対処法等をきちんと聞いていくことが必要です。
そして、保証に関することをきちんと正式な書面でもらうことが必要です。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です