手術について 審査と診断(長崎県 22歳 女性 学生のQ &A)

カテゴリ:手術について 審査と診断

私は、永久歯が計8本無く、乳歯がまだ残っています。下顎の乳歯は、歯茎が衰え、隣の歯の根元ぐらいの高さになっています。歯茎が衰え、乳歯の為にあごの骨が発達していない部分へ、インプラントを入れることは難しいのでしょうか?
約2年半の矯正が終わり、最近リテーナーに移りました。
私は、永久歯が計8本無く、乳歯がまだ残っています。
下顎の左の乳歯は、歯茎が衰えて、えぐれてしまい隣の歯の根元ぐらいの高さになっています。(歯医者さんはそのことについて特に何も言わないのですが……。)
歯医者さんは、リテーナーが終わったらその部分をブリッジにすると言っていたのですが、その横も乳歯だし、もともと私は歯が弱いので、ブリッジではなくてインプラントにしたいと考えています。
歯茎が衰え、乳歯の為にあごの骨が発達していない部分へ、インプラントを入れることは難しいのでしょうか?

[長崎県 22歳 女性 学生]

手術について 審査と診断

インプラント治療は、何らかの理由で永久歯が抜けてしまった状態の部位をもとあったように修復するための治療法ですが、あなたの場合のように乳歯の後に生えてくるはずの永久歯が最初からない場合なども一般的にはインプラント治療の適応症であると思います。
しかし、申し訳ありませんが、あなたのお口の状態を診ていなので、具体的にインプラントが可能か不可能か?易しいか難しいか?というこについてはコメントはできません・・・。
また、ブリッジで修復するということは、必然的に両隣の自分の歯を削ることになります。
もし、インプラント治療が可能であるならば、自分の歯を削らずにすむというメリットが生じます。
一度削ってしまった歯は二度と取り戻すことはできないわけですから、時には別の先生などにセカンドオピニオンを求めることも有用かも知れません。
いずれにしても、良く考えて納得できる治療方法を選択すべきだと思います。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です