歯科インプラントとは

虫歯や歯周病、不慮の事故などで歯を失ってしまい、治療方法についてお悩みの方へ

失った歯を補う治療の一つである「歯科インプラント」とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは特長についてご紹介致します。

「歯科インプラント」とは?

歯科インプラントの構造

■歯科インプラントの構造
歯科インプラントは3つの部品で構成されています。

■歯科インプラントの特長
歯科インプラントとは、失った歯の部分にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め入れて、歯本来の機能や見た目を取り戻す治療方法のことをいいます。失った歯の部分を治療しますので、周囲の歯に負担をかけることがありません。また、これまでにあった歯と同じような役割を果たしますので、噛む力を分散させ、残っている自分の歯を守ることにもなります。

また、この治療法は、歯茎を切って顎の骨をさわる外科手術を伴うため、他の歯科治療よりもカウンセリングや診査・診断に時間をかけることが一般的です。

素材に使用されている「チタン」の性質

現在、顎の骨に埋め入れる歯科インプラントの素材として、歯科インプラントを販売するほとんどのメーカーでチタンが採用されています。チタンは下記のような性質を持っており、歯科インプラントに適しているといえます。

■ 身体にやさしい
金属アレルギー(※)がでにくく、身体に対して有害な作用を及ぼしにくい。熱伝導率が悪い
■ 強くて軽い

重さは鉄の約半分で、鋼鉄以上の強度がある
■ さびにくい

海水や酸に対しても高い耐食性を示す
※アレルギーについて
ごく稀に、チタンアレルギーを示す方もいます。不安をお持ちの方は、治療の前に歯科医師に相談してみるか、歯科を受診する前に皮膚科でご相談されるとよいでしょう。

歯科インプラント以外で使われるチタン

チタンは、他の金属と比べて極めて高い特性をもつことから、整形外科、循環器内科・外科などでも使用されているだけではなく、実は歯科の別の治療でも使用されている、とても身近な素材なのです。

    <他の医療での使用例>
  • 心臓ペースメーカー
  • 人工心臓
  • 骨折の際に、骨と骨をつなぎとめるプレートやボルト
  • 人工関節
    <インプラント治療以外の歯科での使用例>
  • あごの骨の骨折や骨移植の際に、骨と骨をつなぎとめるプレートやボルト
  • クラウン(被せ物)
  • 入れ歯

費用について

歯科インプラントは、基本的に保険診療では行えず、ほとんどが自費診療による治療となるため、費用の負担が大きくなります。治療を始める前にかならず見積書をチェックしましょう。

歯科インプラントは、すべての歯科医師が行える治療ではありません。歯科医院によっては無料のカウンセリングを受け付けているところもありますので、インプラント治療をご検討中の方は利用されてみてはいかがでしょうか。



タグ:
部品治療法素材費用

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材